• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

口元に自信が持てる、口周りストレッチ

2012年7月27日

口角が下がり気味のあなたにやって欲しい口周りストレッチ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 PCやテレビを見ている時、ぼーっとして口が半開きになっていることはありませんか? 口が半開きになっているときは、鼻ではなく口で呼吸することに。口呼吸は、口周りの筋肉を衰えさせ、老け顔を作る原因となります。

 口元の筋力が衰えると、

・口角が下がる
・口元のシワが増える

 といった口元の老けが起こるのは想像できますよね。

 でも、もっと気をつけるべきことがあるのです。それは、口元の筋肉が支えている周辺筋肉のたるみ。口元の筋肉がたるむことによって、以下の症状を引き起こしてしまいます。

・二重あご
・フェイスラインの崩れ
・ほうれい線が深くなる

口元の筋肉は、凝っている自覚がない!?

 これまでもお話してきた眉や額の筋肉は、普段の生活で動かす機会がほとんどありません。

 一方、口元は、会話や食事などで普段から動かしているため、凝っている気がほとんどしないものです。凝りによる老化はゆっくりペースだといってもいいでしょう。

 とはいえ、口元も凝らないわけではありません。ここで1つ、簡単な口元の凝りチェックをしてみましょう。

 鼻の下の筋肉を、真ん中から外に向かって、中指でぐっぐっと押して移動してください。どこかで痛かったり、コリコリした感触があったら、口元のコリが始まっている証拠。口元が凝って口周りの筋力が低下すると、血流も悪くなりますから、唇の色もだんだんと悪くなってきます。年齢を重ねると、唇に血色がなくなってくるのもこれが原因の1つです。

 30代の頃から口元をしっかりトレーニングすることで、充分に老化を防ぐことができます。 では、口周りのストレッチをご紹介します。

唇巻き 「せ」

●ほほの位置を上げて、顔の輪郭をはっきりとさせます
●ほほ全体のたるみを改善します

回 数:1日2回(朝・晩)8秒×5セット
鍛える筋肉:大頬骨筋(ダイキョウコツキン)・頬筋(キョウキン)・口輪筋(コウリンキン)
難易度:★★★★★

ワンポイントレッスン
口角を上げる時は、天井に向かって引き上げましょう
スマイルワーク
(1) 軽く口を開き、上唇と下唇を口の中に巻き込んでとめます(8秒間)
(2) 巻き込んだ状態で、口角をほほ骨に向かって引き上げます
(3) きつい所でとめます(8秒間)
(4) ゆっくり戻します

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

コラムのバックナンバー

もっと見る

Profile
鳴海えな
鳴海えな(なるみ・えな)
1973年1月生まれ。共立女子短期大学卒業後、エステ専門学校・滝川エステティック学院に就職。25歳でCIDESCO免許を取得後、フリーのエステティシャンとして活動。現在は、フェイスワークスタジオ「ミッショナリー」で、“シワ・たるみの予防解消”を中心としたサービス・商品開発を行い、述べ16万人の女性に表情筋トレーニングを提供している。テレビや雑誌など各メディアで活躍中。
関連キーワードから記事を探す
スキンケアダイエットカラダの悩み・病気

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ