• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

強敵・ほうれい線が消える!気持ちいい筋トレ

2012年5月25日

気持ちいいマッサージと筋トレで、老けて見えるほうれい線とサヨナラ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 アラサー世代が気になり始める、でき始めのほうれい線は、放っておくと年齢とともにどんどん深く刻まれていきます。最近では、ヒアルロン酸やボトックス注射といったプチ整形で改善する方法もありますが、化粧品やプチ整形では、ほうれい線は改善できません。

 ほうれい線の原因は、頬の筋肉の衰えによる「たるみ」によるもの。具体的には、頬に付着する脂肪がたるみ、下に落ちることで、溝が深く目立ってくるのです。

 上から化粧品やヒアルロン酸など与えても、一時的に溝を埋めるだけの効果で終わってしまいます。ほうれい線を作らないようにする(目立たせないようにする)には、頬の皮膚がたるまないように、筋力強化することが大事なのです。

 そのために一番良いのは、日頃から「筋肉を動かす」習慣をつけること。しかしながら残念なことに、顔の筋肉は日常生活において全体の3割しか使われていないのです。

 しかも、デスクワークで1日中、無表情にパソコンに向かっていると、筋肉の運動不足が生じ、筋肉が硬くなり、筋肉の動きがどんどん低下します。そうすると、重力の影響を受けて垂れ下がり始めます。その結果、できるのが「ほうれい線」なのです。

 今回は、このほうれい線を改善する手順と対策をご紹介します。主な手順は、頬の周囲の筋肉をほぐす頬の筋肉運動です。

 ポイントになるのは、ほうれい線の周り=頬を動かすだけではなく、まずは頬の筋肉につながる側頭部と耳周りをマッサージすること。こうすることで、凝り固まった筋肉が耳周りから少しずつほぐれていき、結果的に頬の筋肉も動きやすくなるのです。

 この耳周りのマッサージはとにかく気持ちがいい!デスクワークで疲れた頭がすっきりします。仕事の合間にデスクでできるので、試してみてくださいね。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
鳴海えな
鳴海えな(なるみ・えな)
1973年1月生まれ。共立女子短期大学卒業後、エステ専門学校・滝川エステティック学院に就職。25歳でCIDESCO免許を取得後、フリーのエステティシャンとして活動。現在は、フェイスワークスタジオ「ミッショナリー」で、“シワ・たるみの予防解消”を中心としたサービス・商品開発を行い、述べ16万人の女性に表情筋トレーニングを提供している。テレビや雑誌など各メディアで活躍中。
関連キーワードから記事を探す
ダイエットカラダの悩み・病気スキンケア

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 9月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 9月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ