• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

大人女子の教養講座

「けぎらい」「きおくれ」正しく書ける?

2012年11月21日

うっかり書き間違えやすい漢字はこれだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 文書を手書きする機会が減ったせいか、いざ書くとなると漢字が思い出せなかったり、誤った字を使っていたり。「コンビニや居酒屋など、身近な場所にも間違い表記は多い。無意識のうちにそれが刷り込まれてしまうことも」(本郷さん)。気になったら必ず辞書を引くか、せめてネットで検索すること。気になった時が間違いを改めるチャンスだ。

単語編

× 気嫌い
○ 毛嫌い
明確な理由がないのに、感情的に嫌うこと。鳥獣が「毛並み」で相手を好きになったり嫌いになったりするため「毛」を充てる。
× 互格
○ 互角
力が“同格”と考えて、「格」と書いてしまう人が多い。角は牛の“つの”。左右のつのに太さや長さの差がないことから生まれた表現。
× 気真面目
○ 生真面目
非常に真面目なこと。「気」持ちが真面目と思い込みがちだが、「生」は生蕎麦、生糸など混じり気がない、純粋という意味。
× 浮き目
○ 憂き目
気がかりなことがある「浮かぬ顔」を連想して間違えやすいが、思うようにならず苦しい体験、つらいこと。「~を見る」、「~に遭う」。
× 快心の出来
○ 会心の出来
「会心」は心にかなうこと、成果に満足がいくこと。「快心」はいい気持ち。似ているので注意したい。「~の作」「~の当たり」など。
× 圧感
○ 圧巻
最も優れた部分のこと。感や観を充てやすいが誤り。官吏登用試験で最も優れた答案(巻)を一番上に置いた中国の故事に由来。
× 間一発
○ 間一髪
髪の毛1本分のすき間しかないこと。非常に切迫した状態を表す。「間髪を入れず」という言い方は誤り。正しくは「間、髪を容れず」。
× 目触り
○ 目障り
「触る」は軽く触れるの意。「障る」は邪魔になる、差し支えることをいう。目では触れることはできない。
× 前後策
○ 善後策
「善後」は後始末をすること。物事がうまく運ぶ、その前後に策を講じるのではなく、うまく後始末をつけるための方策が善後策。
× 完徹
○ 貫徹
最後まで貫き通すこと。「初志貫徹」など。完全に、徹底して行うというイメージから間違えて書く人も多い。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術お仕事術資格・語学

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ