• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

大人女子の教養講座

「全然いい!」という言い方はできる?

2012年9月5日

これは使えるのか? 迷う日本語のボーダーライン

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

日本語は常に揺れている。ほんの数年前までの意味が、今も通用するとは限らない。

誤用が定着しているケースもある。使っていいのかどうか、言葉の境界線はどこにあるのか。

留学生にも日本語を教えている一橋大学准教授の石黒圭さんに聞いた。

 「正しい日本語とは何か」という議論に、石黒圭さんはこう一石を投じる。「それを決めるのは役所や学者ではなく、目の前にいる話し相手です。相手に違和感を持たれなければ、言葉の正しさに神経質になる必要はないのです」。

 だが、判断がつきにくく、とっさに迷ってしまう表現もある。

 一例が、肯定的な表現に使うのは誤りとされる「全然」だ。石黒さんは、「全然問題ない」という否定から発展した、「全然大丈夫」なら使えると判断する。「ただし、何にでも『全然』を使うのではあまりにも言葉が貧しくなる。『全く』『少しも』などの類義語も使い分けたい」。

 自分が他人に対して失礼な言葉遣いをしていないかも気になるところ。例えば、目上の人に「お上手ですね」と褒めるのは失礼か。本業に対して言うのは失礼だが、「始めて間もない趣味などになら、問題ないのでは」(石黒さん)。

 「絶対的な正しい日本語が存在するわけではなく、使う状況や場面によって正しいかどうかが変わるもの」と石黒さんは言う。

 最低限の敬語のマナーも必要。例えば「お申し出ください」は、本来は敬うべき相手の行為にへりくだる敬語を使ってしまった間違い例。「お申し付けください」と言うべきだ。「例えば、尊敬語の『おっしゃる』と謙譲語『申し上げる』くらいは使い分けできないと恥ずかしいのでは」と石黒さん。

 しかし、たとえ巧みに敬語が使えても、話す相手の価値観を考慮した言葉でなくては意味がない。「『ご主人様はお元気ですか』という言葉は正しくても、言われた女性によっては不快に思うこともあるでしょう。言葉の正誤より話題の選定に気を使うべき」(石黒さん)。どこまでの表現が許されるのかのボーダーラインは、話し相手がこの言葉を聞いたらどう思うか、想像力を働かせることで浮かび上がってくるはずだ。

 Borderline 01

本来は否定的な意味だったのに、肯定的に使われるようになった慣用句や言葉。肯定的に使っても大丈夫?

「こだわり」「こだわる」の場合
  食材選びにはこだわりを持っている

本来、「必要以上に気にする」「偏った」という否定的な意味の言葉だったが、今では「こだわりの趣味」などむしろいいイメージに転化しつつある。文化庁の調査でも、30代の7割以上が肯定的意味にも使っている。

「鳥肌が立つ」の場合
  あまりに素晴らしい演説で鳥肌が立った

恐怖や寒さなどで「鳥肌が立つ」という言葉が、いつしか音楽などの感動表現にも使われている。「ゾクッとする」という本来の意味を知った上で比較的若い世代に対して肯定的に使うならOKではないか。

「白羽の矢が立つ」の場合
  プロジェクトリーダーとして彼に白羽の矢が立った

本来は、大勢のなかから犠牲者として選ばれる人身御供を意味する言葉。しかし現在では、「リーダーに抜てきされる」などの肯定的な表現で使うのが普通。日本語の語源にこだわる相手でなければ問題はない。

「おたく」「マニア」「フリーク」などの場合
  彼はオペラおたく(マニア、フリーク)だ

特定の分野、趣味に精通する人を好意的に呼ぶことも多いが、ある事柄に異常に心酔する、偏った人などを意味するニュアンスも残っている。見下したような意図が感じられる場面では避けたほうが無難だ。

出典/文化庁2001年度「国語に関する世論調査」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術お仕事術資格・語学

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 12月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 12月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ