• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

大人女子の教養講座

C級若者言葉にご用心!バブル時代の“申し語”

2012年8月1日

「超○○」「ヤバイ」…おとなが使うと恥ずかしい言葉はどれ?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「超○○」「ヤバイ」「大根を切ってあげて」――これらの若者語や幼稚な丁寧語は、

耳にすると眉をひそめる一方、自分でも気付かないうちに口にしていることが多い。

若者ならば許されても、大のおとなが使うと恥ずかしい言葉はどれか。

日本語と若者分析のエキスパートにジャッジしてもらった。

バブル時代の“申し語”!?

○○じゃないですか

「私って料理が苦手じゃないですか」
「これって便利じゃないですか」

砂川ジャッジ
相手も自分も知っている内容について、「我が社のコンセプトは○○じゃないですか、だから……」と使うのは間違いではない。「問題なのは、相手が知るはずのない情報なのに『私って、料理が苦手じゃないですか』という使い方。知っていて当然というニュアンスで同意を求めるのですが、相手は『あなたのことなんて知るわけがないでしょ』と腹が立つこともある。押し付けがましく、自分勝手な印象を与えるので、好ましくないでしょう」。

超◯◯

「超楽しい!」「超おいしい!」

■ちょう【超】
〔形容詞・形容動詞に冠して〕その程度が甚だしいことを強調する。非常に。
【表現】近年若者の間で使うようになった俗語的な言い方。

※明鏡国語辞典

砂川ジャッジ×
若者語としては「超楽しい」「超かっこいい」というように「超+形容詞、形容動詞」で使われる。カタカナで「チョー」と書かれた時代もあった。「『超特急』『超高層ビル』のように『超+名詞』で使う分にはOKです。『超+形容詞、形容動詞』を公的な場で使うのは好ましくありません」。

っていうか、てか

「っていうか、こんな感じじゃないですか?」

■というか【(と言うか)】
〔連語〕▼「っていうか」「っちゅうか」「てか」「つうか」はくだけた言い方。
【表現】最近の若者ことばでは相手の言うことを受けて話題をずらすのに用いられることがある。

※明鏡国語辞典

砂川ジャッジ
相手の発言を打ち消すように、自分の発言の冒頭に使う人が多い。「口癖になっている人がいます。話題を転換したいなら『それより』や『そういえば』を使えばいいのですが、はっきりしすぎる印象を与えるのが嫌なのでしょう。相手に配慮せず気ままに話しているようで、子どもっぽい印象を与える恐れがあります」。本来は『Aっていうか、Bっていうか』というように自分の言葉を吟味して、よりよい表現を探すときに用いる言葉だ。

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

深澤ジャッジ
「○○じゃないですか」や「っていうか」などが使われ始めたのはバブル期だという。「バブル世代の特徴が言葉にも表れています。『〇〇じゃないですか』は、誰も聞いていないのに自分語りをする『自分好き』な人が使います。自分のことを相手に知ってほしい寂しがりやでもありますね。『っていうか』は相手の機嫌を損ねないようにしつつ、相手の言ったことを否定できる便利な言葉。負けず嫌いなバブル世代の気質が見え隠れしています」。

Adviser
砂川有里子さん
筑波大学 日本語・日本文化学類長
砂川有里子さん
1949年、東京都生まれ。大阪外国語大学大学院外国語学研究科修了、博士(言語学)。専門は日本語学と日本語教育。『明鏡国語辞典』編集委員を務めるほか、『問題な日本語』(大修館書店)では、若者語を中心に執筆している。

深澤真紀さん
編集者・コラムニスト
深澤真紀さん
1967年、東京都生まれ。早稲田大学第二文学部社会専修卒業。書籍・雑誌・ウェブの企画、執筆などを行う。「草食男子」「肉食女子」の命名者として知られる。著書に『思わず使ってしまうおバカな日本語』(祥伝社新書)など。
………………………………………………………………………………………………………………………………………………
『明鏡国語辞典』
第二版 北原保雄編 大修館書店
最近の誤用を集めた別冊「問題なことば索引」が付くなど、ユニークな作りの辞書。

もっと詳しく読みたい人は…こちらをどうぞ。
日経おとなのOFF
「美しい日本語と正しい敬語が身に付く本」838円/日経BP社

日々何気なく使っている言葉も、言葉巧みに使いこなせれば、教養の深さやセンスの良さを感じさせられる半面、一歩間違えれば非常識とのレッテルを張られかねない。うっかりミスや恥ずかしい間違いをなくし、美文家の文章からその極意を学ぶ。大人女子として、一目置かれる言葉のセンスが身に付く日本語や敬語の入門書。


この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術お仕事術資格・語学

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ