• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中医アロマ的・あなたの体質はどのタイプ?

2011年6月8日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 はじめまして、有藤文香と申します。皆さんは、「最近、ちょっと肌の調子が悪い」「なんとなく体がだるい」…こんなプチ不調や美容の悩みを抱えていませんか? 実は私も、大学卒業後、製薬会社でMRとして働いていましたが、不規則な生活により、心身のバランスを崩してしまいました。

 肌は荒れ、月経も定期的に来ない不安な毎日…そんなとき、薬剤師の母が漢方薬をすすめてくれたのです。これが、中医学との出会いになりました。その後、中医学を礎としたアロマセラピーをイギリスで学び、漢方とアロマセラピーを融合した「中医アロマ」という新しい予防医学の高い効果に衝撃を受けました。

 忙しい毎日を過ごす働く女性だからこそ、ちょっとした不調ひとつひとつを、薬や病院にすぐ頼るのでなく、自分の手で和らげ、症状を改善できるだけで、気持ちが軽くなったり、自信が持てたりするものです。この連載では、職場でも、おうちでも、時間をかけずに手軽にできる、漢方×アロマの効果的なセルフトリートメント法をお伝えしていきたいと思います。

 今日は、中医アロマの基本でもある体質タイプチェックを行いましょう。体の症状を中医学的に分析すると、体質を大きく5つのタイプに分けることができます。自分のタイプを見極め、そのタイプについてよく知ることにより、本当に合ったセルフトリートメント法を見つけることができるのです。とはいえ、体質はひとりに一つだけ、とは限りません。季節や体調によっても変化するので、常に繰り返しチェックすることをおススメします。

 下の図は、中医学の考えに基づいて体の働きを5つに分類したものです。体質タイプチェックでは、下の5つのうち、自分が今、どこが弱いのか=どこを補えばいいのかを分析していきましょう。

中医学の柱となる「五行学説」という考え方の図説です。中医学では、自然界に存在するすべてのものを5分類し、あらゆるものの相互関係を説明します。人の体もこれを応用して体の働きを5つに分類し、それらが互いに作用してバランスを取り合うことで、心身の健康が保たれると考えます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
有藤 文香
有藤 文香(ありとう あやか)
薬剤師・国際中医師・中医アロマセラピスト
株式会社Xiang代表。星薬科大学卒業後、世界トップレベルの製薬会社に就職しMRとなる。予防医学の重要性を再確認し、英国サリー州に留学、アロマ代替医療を学ぶ。帰国後、漢方医学と西洋の代替医療であるアロマセラピーを合わせた「中医学で見立てて、アロマでトリートメントする」という「中医アロマセラピー」という新境地を開く。中医アロマブランドXiang(シャン)を立ち上げ、中医アロマ・漢方・スクールの総合サロンを渋谷区代々木上原にオープン。著書に「はじめての中医アロマセラピー」「中医アロマセラピー家庭の医学書」 HPブログ
関連キーワードから記事を探す
カラダの悩み・病気健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 10月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 10月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 9月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ