• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ダイエットの強い味方、「鹹味(かんみ)」って?

2010年3月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
鹹味を持つ食材は海の幸が多い?

 花粉症の記事を挟んで書いてきた「五味」シリーズ。辛・甘・酸・苦に続き、今回は「鹹味(かんみ)」について紹介したい。鹹味とは、塩からい味のこと。「しょっぱいものはカラダに悪い」と思っている人もいるだろう。しかし、鹹味は人にとって欠かせない味のひとつである。高血圧や腎臓病などとの関わりについては他に譲るとして、ここでは、中医学的な鹹味についての考察を。

 中医学の分類では、塩や醤油など、なめたときに明らかにしょっぱいと感じる味だけでなく、昆布や魚などの海産物なども「鹹味」ということになっている。これは、今までも書いてきたように、舌で感じる味だけでなく、その食材や薬材が持つ作用によって、辛・甘・酸・苦・鹹に分類されることがあるから。

 鹹味には、しこりやかたまりを軟らかくする作用(軟堅作用)や、降下作用(尿や便などの排泄をうながす作用)などがあり、肥満や便秘解消などにも古くから用いられてきた。なまこやスッポン、牡蠣、アワビなどのように、滋養強壮やアンチエイジングに役立つ食材として珍重されてきたものもある。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
髙島系子
髙島系子(たかしま・けいこ)
中医学ライター。約15年にわたり、国内外で中医学に関する取材を続け、体の「なぜ」を「なるほど」にする知恵を広めるべく活動中。執筆のかたわら、中医学を活かしたごはん作りのワークショップも開催している。現在、シンガポール在住。著書に「妊婦は太っちゃいけないの?」(新潮社)
関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 9月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 9月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ