• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

上司が教えてくれなかった会社のルール

Profile
前川 孝雄
前川 孝雄
(株)FeelWorks 代表取締役/人材活性化コンサルタント
リクルートで「リクナビ」「ケイコとマナブ」などの編集長を歴任後、起業。コミュニケーションを鍵に人材育成支援を行う。働く女性を応援するセミナーも開講。部下を育てる「上司力」を提唱し、親しみやすい人柄にファンも多い。主著に『勉強会に1万円払うなら、上司と3回飲みなさい』『女性社員のトリセツ』『上司力100本ノック』など。
  • プライバシー侵害する男性との付き合い

    とても難しい問題です。こういったデリカシーのない目上の男性とは、今後一切付き合わず、傷つきたくないという気持ちはよくわかります。もちろん、常軌を逸した相手なのであれば、付き合う必要はありません。しかし...

    つづきを読む

    2010年7月13日

  • 「生理的にあわない」上司との付き合い方

    人間ですから、相性の合わない上司との問題は必ずあります。しかし、すべてそれでを片づけるのは早計。自ら上司へ密な報・連・相を心がけるなど、相互理解や信頼関係づくりのためのコミュニケーションを心がけること...

    つづきを読む

    2010年6月29日

  • 女性の上昇志向が痛く見えない方法

    先輩たちの姿から、女性の上昇志向を痛く感じてしまうのはなぜでしょうか。無理しすぎ、がっついている、利己的に映る。そんな印象でしょうか。そうならないようにしなくてはいけないことは何でしょうか。

    つづきを読む

    2010年6月21日

  • 聞き上手な女子になりたい

    効率やスピードが求められるようになってきた職場では、余裕がなくなり、聞き上手になることは簡単ではありません。また経験を重ねるほど、後輩の話を素直に聞くことも難しくなっていくもの。その前提を踏まえて、聞...

    つづきを読む

    2010年5月25日

  • 「男ならクビだ!」上司の発言にア然

    「男ならとっくにクビだ!」は、その言葉だけとると、思いやりのない発言に違いありません。当然、こういった発言は正すべきです。悪意をもって権力を持つ上司が発言したのであれば、管理職としては失格だと思います...

    つづきを読む

    2010年5月11日

  • 後輩を上手に飲みに誘いたい

    飲みニケーションが少なくなってきた時代に、後輩を気遣いながらも「今晩どう?」と言う姿勢は素敵です。まずはあなた自身が後輩から飲むと楽しくてタメになる先輩なのかどうかを自問自答してみてください。そのうえ...

    つづきを読む

    2010年4月6日

  • 仕事も恋愛と一緒で“隙”が必要か

    恋愛同様、仕事においても、隙は必要です。それは、自分とは違う価値観を持つ他者との人間関係を円滑にし、自分の仕事の責任を果たすために欠かせないからです。女性特有の“甘え”や“策略”と捉えられないためには...

    つづきを読む

    2010年3月23日

  • ついつい上司に対して命令口調に

    真面目で一生懸命仕事に取り組んでいるからこその悩みですね。命令口調にならないよう一呼吸してから話す、内容と一緒に背景も説明、相談形式を心がける……。使える言葉遣いのコツはいくつかあります。でも、コミュ...

    つづきを読む

    2010年3月2日

  • 会社へのお土産が“ゴマすり”と思われます

    みんなへの心配りのお土産。同僚への関心が薄れ、働く仲間の絆が失われつつある今、とても良い心がけですね。贈答の習慣が過熱してみんなの負荷になることは避けなければなりませんが、和を大切にする気遣いは褒めら...

    つづきを読む

    2010年2月16日

  • 飲み会をうまく断る方法

    チーム間の相互理解のために、頑張って飲み会に参加している人、多いですよね。また、女性だとなおさら、体調や気分のバイオリズムもありますし、ほかの予定も大事にすべき。あなたの和を大事にする気持ちが伝われば...

    つづきを読む

    2010年2月2日

  • 「“ブレーキ上司”で効率が落ちる」の対処法

    自立して仕事ができる中堅になってくると、抱えがちな葛藤ですね。しかし仕事は一人ではできないもの。もしかしたら、直属上司に期待をしすぎかもしれません。短期の効率も大切ですが、期待を少し押さえて、感謝の気...

    つづきを読む

    2010年1月26日

  • なぜ男性は上司の言いなりなの?

    一本気な姿勢は素敵です。ただ、ものごとは、見る視点・視界によって、見え方が大きく変わってくるもの。あなたにとっての正解が、上司にとっての正解とは限らない。その逆もまた然り。正しさは、時に人を傷つけるこ...

    つづきを読む

    2010年1月19日

  • 後輩指導、どこまで忍耐すべき?

    キャリア志向の人ほど仕事での手ごたえを求めます。後輩が昨日より今日、成長している実感を持ちながら、自分の仕事が誰かの役に立っていると感じられるよう細やかな声かけサポートをしてあげましょう。

    つづきを読む

    2009年12月22日

  • 女同士の陰口を止めさせるには?

    人が3人以上集まれば、程度の差はあれ、感情・感覚の温度差は生まれるもの。同僚の愚痴を真っ向から否定するより、止めさせたい話は聞き流し、好ましい話を肯定しまくり、婉曲的に意思を伝えましょう。

    つづきを読む

    2009年12月15日

  • 恋愛感情はないのに、上司が勘違い

    中間管理職のストレスの中にある上司は、女性部下の細やかな気遣いに癒され、恋愛感情を持つことも。仕事上は尊敬していても、恋愛感情はないことを傷つけずに伝える努力を。

    つづきを読む

    2009年11月24日

  • プライドが高い上司とのメール

    会社という場は縦の人間関係社会。むやみにへりくだる必要はありませんが、上司の立場へ配慮したコミュニケーションが大切。特に上から目線にならないよう注意を。

    つづきを読む

    2009年11月10日

  • 洋服って重要ですか

    日常シーンにおける洋服選びのポイントは、相手に不快感を与えないこと。冠婚葬祭などの教養知識も大切。「女を売りにして」などといった男性の声は軽く受け流し、同僚女性との和を乱さない気配りや思いやりを大切に...

    つづきを読む

    2009年10月20日

  • “ほうれんそう”は、事実と一緒に気持ちも

    上司は部下のことが見えているようで見えていないものです。部下からの働きかけのコツは“ほうれんそう”=報告・連絡・相談のやり方を工夫すること。事実とともにあなたの負荷や苦労がわかるよう、気持ちもセットで...

    つづきを読む

    2009年10月6日

  • 女性らしさは出すべきか

    必ずしも「女性らしさ」が「いやらしさ」につながるわけではありません。上手に女性らしさを表現すればそれは、紛れもなく長所。男っぽいということでもなく、いやらしい女性っぽさでもない、立ち位置とは?

    つづきを読む

    2009年9月15日

  • 男性上司は、なぜデリカシーがないのか

    男性上司の考え方が分からない……。実は、男性上司も女性社員の気持ちが分かっていないことが多々あります。辛抱強く、気持ちを伝えるのが大切なのです。

    つづきを読む

    2009年9月8日

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 2月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 2月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

一生お金に困らない!お金がどんどん増える本 ミニサイズ新装版

まんがで分かる!やせる食べ方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ