• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

SNSで要注意、他人に「イラッ」とされる投稿とは

2016年3月15日

「リア充投稿」によるストレス、心地よい「リア充度合い」は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア
Facebook疲れの理由は(Facebookを使用していて「疲れる」「休みたい」「やめたい」と思ったことがある人)
Facebookの友達や知り合いのリア充投稿を見てイラッとすることはあるか
Facebookに自分の状況を投稿した際、実態よりも“盛った”経験はあるか

 マーケティングリサーチを手がけるタイムカレントは、ビジネスパーソンのSNS利用に関して調査した結果を発表した。それによると、SNS疲れを実感している人の4割が、「リア充投稿(現実の生活が充実している人による投稿)」からのストレスを原因に挙げている。

 スマートフォンを所有し、「Facebook」を利用(個人アカウントを開設)している20歳代―40歳代の有職男女655人に、Facebookを使っていて「疲れてしまう」「休みたい」「やめたい」と思ったことがあるか聞くと43.7%が「ある」と答えた。その理由としては、「他人のリア充投稿にうんざりしてしまう」(40.2%)が最も多く、2位の「タイムラインに入ってくる情報のチェックが追いつかない」(29.4%)や3位の「常にチェックをしていないと不安になる」(24.5%)を引き離した。

 Facebookで繋がっている友達や知り合いのリア充投稿を見て、イラッとすることが「ある」(「毎回イラッとする」「イラッとすることが多い」「たまにイラッとする」の合計)という回答者は6割以上(62.4%)にのぼった。若い年代でその傾向は高く、20歳代と30歳代は7割近く(それぞれ67.2%と66.8%)が「イラッとする」と答えている。

 リア充投稿でアップされている写真と聞いて、どのような写真をイメージするか尋ねると、「友達の多さ」や「セレブっぽさ」、「盛り上がってる感」を強調したちょっとアピールの強い“盛った”写真が上位に挙げられた。

 自分自身が“盛った”投稿をしたことが「ある」(「よくある」「たまにある」「一度だけある」の合計)という人は半数以上(54.2%)にのぼり、男女別では、男性(63.3%)の方が女性(44.5%)より盛る傾向が強い。

 “盛った”投稿をする場合の盛り具合は、「2割」との回答が群を抜いて多く、全体の平均は2.8割盛りだった。

 最後に、回答者全員に心地よいリア充度合いとはどんなものか聞いたところ、「リア充度50%:そこそこリア充と言える状態」に回答が最も集中し、約半数(45.5%)を占めた。

■関連情報
・タイムカレントのWebサイト times-current.co.jp/

取材・文/鈴木 英子=ニューズフロント

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    10万6千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
人間関係の悩みPC・スマホ

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 4月号

    「忙しい働き女子の片づけ&収納」を大特集。狭いのに広々として見える部屋のルール、お金が貯まるクローゼット整理術など、働き女子884人のスッキリ部屋のヒミツを公開。さらに「ディズニー、Google、コクヨはどこが違うの? 一流・二流・三流の仕事術」を紹介します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 4月号

    話題の開脚ストレッチができずに、あきらめた。毎日ストレッチをしているけど効果は微妙で、このまま続けていいのかわからない―。そんな悩みを解決しようと、専門家に徹底取材。「現代女性に必要な本物のストレッチ」をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 1月号

    「日経DUAL」1月号は「パパ四天王の凄い両立テク」と「私たちが働く理由」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「子どものしつけは“動物の調教”ではない 」「生稲晃子 乳がんで5回手術、公表せず仕事続ける」「難関中学の入試ってどんな問題が出るの?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版