• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

フィギュア選手鈴木明子さんをどん底から救った絆(2/2)

2016年7月5日

「どん底の経験があったからこそここまで続けてこられた」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

弱さを見せることで強くなれた

 1年後、競技に復帰してからも、まだまだ“完治”という状態ではなかった。「また戻ってしまうんじゃないかという不安はありました。滑れなくなるとは思っていなかったけれど、精神的には不安定で、人が近くに来るのが怖かったり、人ごみが怖くて電車に乗れなくなったり。食事も、前の日は食べられたのに、次の昼間は食べられなくなったり。3年間はお肉を食べられなかったので、そこまでは決して“克服”という状態ではなかったと思います」

 にもかかわらず、“戻ってしまわなかった”のはなぜか。「不安を、母だけでなく、周りの人に話せるようになっていたからです。食事を食べられないと言えば『夜になってお腹がすいたら食べたくなるかもよ』と励まし、人が怖いと言えば、『電車に乗る時間をずらしたらいいよ』と言ってくれた。そうやって周りの人が大丈夫と言ってくれたことに救われました。自分に自信が持てない私は、人に『大丈夫』と言ってほしかったんだと思います」

 人に弱さを見せることで、むしろ強くなれたと話す。2013年12月、全日本フィギュア選手権の直前までは絶不調で、コーチから「出るのをやめるか」と言われるほどだった。そのとき、つらい気持ちを正直に母親に打ち明けた。すると、「本当に自分のために滑るのがつらくて頑張れないなら、私のために滑って」と言われたという。「私のために滑ってと母から言われたのは初めてでした。けれど、それまでジャンプも飛べないし、体も動かなくて苦しいという気持ちばかりだったのに、ふっと『頑張れる』と思ったんです。オリンピックに行きたいのは私なんだから、自分が頑張らなきゃという思いが、かえって自分を追い込んでしまっていた。人のためにと思うことが、こんなに勇気とパワーになるんだと思いました」

 そして全日本フィギュアスケート選手権では、会心の演技で初優勝。「氷の上で、心強かったです。母の言葉で、氷の上では一人だけど、いろいろな人が支えてくれると思えるようになったら、心強かった。私を支えてきてくれた人たちに、前を向かせてもらっている気持ちでした」。初優勝を飾ったそのリンクから、母親に感謝の気持ちを込めて花束を贈った。

信頼できるコーチと共に

 鈴木さんのスケート人生を語る上で、もう一人、大きな支えとなったのが、長久保裕コーチの存在。「摂食障害から復帰したとき、私自身、できるのだろうかと不安だったけれど、『とにかく頑張ろう!』とかそういう気張ったふうでなく、『できる、できる』と、本当に当たり前のことのように言ってくれて、私も心が軽くなりました」。長久保コーチの指導を求めて東北に移り住んだタイミングでの摂食障害。鈴木さんは「全く関係ない」と断言するが、コーチ自身は責任を感じてしまっていたかもしれない。「けれど、普通に接してくれて、私もやる気になれた。あの時、私はこの先生についていこうと思ったんです」

 バンクーバー五輪で入賞を果たした後は、「自分でも続けると思っていなかった」と笑う鈴木さん。「けれど、コーチや周りの人が、もっとやれるよ、と引っ張ってくれた。その後、3回転の連続ジャンプなど、新しい技も習得できましたが、それもコーチが引っ張ってくれたから。私は決して出来のいい生徒ではなかったけれど、ここまで来られたのは、信頼できるコーチのおかげです」

 そして、ソチ五輪で入賞を果たした2014年、競技生活から引退した。決意したのはその2年前。「それまでは、自分が競技生活を終えた後をイメージできず、終わらせてしまうのが怖かった。けれど、2年前に、自分の次のステージが見えてきて、引退を考えられました」

 競技生活を終えた今も、「スケートを好き」という気持ちは変わらない。「ただ、競技者としてではなく、プロとして、スケートを好きな人を増やすことに貢献したい。様々な形で表現活動をしていきたいです」と話す。

 29歳で終えた競技人生を「私ほど幸せなスケーターはいないと思う」と振り返る。「波ばかりだったけれど、18歳のどん底の経験があったからこそ、私はここまで続けてこられた。今は、あの経験を『遠回りじゃなかった』と胸を張って言えます」

 次のオリンピックは? という質問に、「普通の観客として見たい。オリンピックは4年に一度の特別な大会。自分の競技が終わるまではプレッシャーや緊張で、楽しむどころではなくって(笑)。次は、観客としてオリンピックを楽しみたいです」と笑顔を見せた。

文/岸本洋美=日経WOMAN編集 写真/菅原ヒロシ (この記事は2014年5月13日に掲載された記事です)

WOMAN EXPO FUKUOKA 2016で、鈴木明子さんの話が聞ける!

鈴木 明子さんスペシャルトーク
「スケートで学んだ チャンスをつかむ力 あきらめない力(仮)」


●日時:7月17日(日)14:05~14:50
●場所:アクロス福岡(福岡・天神)
◆詳細・お申込みはこちら ↓
http://woman-expo.com/fukuoka/session/session-detail?m=1&eid=4
◆詳細はこちらから ⇒ http://woman-expo.com/

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 11月号

    特集:1年後、私が劇的に変わる!「すごい手帳のコツ300」【特別付録】その1:アフタヌーンティーコラボ オリジナル万年筆 /その2:冊子『まんがで分かる!お金がどんどん増えるルール』」

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 11月号

    特集 ゆがみ解決!たるみも消える!10日間体幹リセットで美姿勢!腹ペタ!別冊付録 脱・むくみ体質 リンパ流しバイブル」

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 10月号

    「日経DUAL」10月号は「ウチの子にぴったりな進路はどれ? 受験&進学総覧」「企業で人生成功させる必須6条件」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「不妊治療 顕微授精では精子の質的低下を補えない」「伝説のコーヒー店『カフェ・バッハ』女店主が作る子ども向けおやつ」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ