• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「子連れの身でも、海外単身赴任したい」~私のキャリアの築き方(2/3)

2016年5月19日

「WOMAN EXPO TOKYO 2016」ランチ付きセッションで、「グローバルキャリアの築き方」を学ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

希望者の多い英語圏ではなく、中国語圏でチャレンジ

みずほ銀行
国際戦略情報部 兼 中国営業推進部 国際業務アドバイザー 山田 順子さん

 では、若い世代はどのようにグローバルキャリアを積んでいるのでしょう。みずほ銀行国際戦略情報部兼中国営業推進部 国際業務アドバイザーの山田順子さんは、意外にも、入行時には海外勤務の希望はなかったそう。

 「私は他社でいう一般職で就職したので、店舗で窓口業務を担当すると思っていました。しかし、外為事業部という海外の業務に触れる現場に配属されたため、徐々に海外との仕事に関わりたいという気持ちが生まれたのです」。

 海外関連の業務には外国語を学ぶ必要がありましたが、英語の堪能な人材は多いと考え、自らは中国語を選択。終業後に学んで習得し、中国営業推進部への異動を希望して、2014年に1年間上海に赴任して、多くの経験を得たとのこと。

 「中国の女性はアグレッシブで、自分に自信のある人が多いことに感銘を受けました。国を問わず、グローバルに活躍している人は、自信を持ってイキイキしています。私自身は自信を持てないタイプなのですが、たとえ失敗しても責められることはなく、チャレンジを認めてもらえることを中国で体感しました。とても大きな収穫です」と山田さんは語ります。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方就職・転職

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ