• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

機能性表示の検討会で、業界団体ヒアリング

2016年4月7日

市販薬、健食、通販など、業界別に幅広い意見

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 3月15日に「第3回 機能性表示食品制度における機能性関与成分の取扱い等に関する検討会」が開催された。

 今回の検討会は各業界団体からのヒアリングが行われ、日本チェーンドラッグストア協会、日本OTC医薬品協会、日本通信販売協会(JADMA)、健康食品産業協議会の4団体が、ビタミン・ミネラルなどの栄養成分と関与成分が明確でない成分の取り扱いに関して、それぞれの見解を述べた。

 この中で国際栄養食品協会(AIFN)の天ケ瀬晴信理事長はアメリカのサプリメント市場の現状を説明した中で、特異的な疾患を有する、もしくは病気の危険性が高いとされるアメリカ在住55歳以上の成人を対象とした、10種類のサプリメントの投与による4種類の疾患状態を調査した結果を発表した。これは2014年に公表されたものだが、実に、7年間の累積で約5兆円を超える削減額になっており、予防的に摂取を続けるという前提はあるものの、サプリメントによって医療費が削減される可能性は非常に大きく、さらに、日本でも、12年度の診療報酬改定で、ビタミン薬を単なる栄養補給目的での処方は保険外とするように改め、医療費ベースで約160億円を削減したという報道もあり(2013/12/24日本経済新聞電子版)、こういった医療費抑制の可能性は大いにあると考えるとの見解を示した。

 しかし、一方で、このヒアリングに対して、アカデミアや消費者団体代表の委員からは個別の栄養素でのネガティブなデータもあり、トータルな見解としては慎重な見解が求められるといった意見も出された。

 日本OTC医薬品協会は、ビタミン・ミネラルなどに関して、まずは生鮮食品から栄養成分の機能性表示を可能としてはと提言した。これは、食事を基本とする栄養政策にも合致し、過剰摂取のリスクが低く、消費者の混乱を防げられることを根拠としており、今後、消費者の健康に対する自己管理意識の改善と機能性表示食品届出内容判断能力の一般化に伴って範囲を拡大するべきとの見解を示した。さらに、関与成分が明確でない成分に関しては、中小企業にも運用可能な実績のある手法として食品GMPの導入を提言した。

 この意見に関しては、分析専門の委員から、食品GMPは現時点では安全性の担保に重点が置かれており、品質保証の概念を織り込んだものでないと厳しいといった意見が出された。

 続いて、日本通信販売協会(JADMA)は、安全性について確認ができている成分でしかも定量ができる成分という条件で、腸内の環境を整えるなどの機能性をもつオリゴ糖などを機能性表示食品制度の対象に加えるべきとした一方、関与成分が明確でない成分に関しては、機能性のエビデンスがあること、安全性の確認ができていること、作用機序が解明されていること、そして、原材料の成分組成が確認できていることの4つを必要事項としたて、基原原料を加工して原材料化するところまでで抑える方法を提示した。また、その条件としては、原料の段階と最終製品の段階での指標成分の分析を行い、分析結果の届出と定期的な分析を義務付けたうえで、原材料GMPと指標成分を組みあわせての運用を提案した。

 最後のヒアリングを行った健康食品産業協議会は3人のそれぞれの専門家が発表。ビタミンDとビタミンEについて、それぞれの有効性と安全性を解説した後、横浜薬科大学薬学部漢方薬学科の榊原巌教授は、関与成分の明確でない成分について、漢方製剤GMP基準の事例を出し、指標成分として一処方につき少なくとも2種類の成分を設定すること、また、標準湯液を設定しエキス剤中の指標成分の含量が、標準湯液中のそれらの70%以上の含量を保証することとした手法を説明した。さらに補完代替医療が注目されている米国FDAならびに欧州EMEAでは、植物製剤の品質保証にはGAP(栽培指針)ならびにQC(Quality Control)として、最終製品と原料生薬のフィンガープリントが必要だと提唱しているとして、葛根湯のフィンガープリントを説明、さらに近赤外分光法による品質管理への応用を具体例の一つとして説明した。

 検討会は4月から、主題のビタミン・ミネラルなどの栄養成分と関与成分が明確でない成分に分けて各論の議論に入り、秋には取りまとめが行われる予定となっている。

寄稿:フリージャーナリスト/継田治生

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    10万6千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ヘルス&ビューティ

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 4月号

    「忙しい働き女子の片づけ&収納」を大特集。狭いのに広々として見える部屋のルール、お金が貯まるクローゼット整理術など、働き女子884人のスッキリ部屋のヒミツを公開。さらに「ディズニー、Google、コクヨはどこが違うの? 一流・二流・三流の仕事術」を紹介します。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 4月号

    話題の開脚ストレッチができずに、あきらめた。毎日ストレッチをしているけど効果は微妙で、このまま続けていいのかわからない―。そんな悩みを解決しようと、専門家に徹底取材。「現代女性に必要な本物のストレッチ」をご紹介します。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 1月号

    「日経DUAL」1月号は「パパ四天王の凄い両立テク」と「私たちが働く理由」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「子どものしつけは“動物の調教”ではない 」「生稲晃子 乳がんで5回手術、公表せず仕事続ける」「難関中学の入試ってどんな問題が出るの?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版