• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経WOMAN 最新号の読みどころ

あなたの筋力レベル、チェックしてみよう!【日経WOMAN17年6月号】

2017年5月6日

肩こり&顔のたるみの原因?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

女性医師500人アンケートで、4人に1人が「健康維持に効果がある」と答えたのが体幹&筋肉を鍛えるトレーニング。でも、終日のデスクワークで筋肉量は減るばかり…。まずは、自分の今がよーく分かる筋力不足のチェックを!

2分で分かる! 「筋力不足」チェック

LIFE STYLE 編

日常生活のなかの小さな困り事、トラブルに筋肉不足が潜んでいる。当てはまる項目はいくつ?

アクティブな動き、張りのあるボディラインは、筋肉が支えている

 つらい肩こりや気になる顔のたるみ。「実は筋肉不足が原因」と整形外科医の井上留美子さん。筋肉にはカラダを引き上げる、基礎代謝を高くする、血行を良くするなどの役割があり、全身の元気とキレイを支えている。ところが「筋肉量のピークは20代半ば。何も運動をしないと毎年1%ずつ低下し40代ではピーク時の20%減になる恐れがあります」。特に大事なのがカラダの軸を支える体幹と、運動不足で急激に減る足まわりの筋肉だ。

カラダの筋肉と顔の張り
体幹には大きな筋肉が集中。この部分の筋力が姿勢を維持してくれるので、意識してキープしたい。また、その動きは連動するデコルテや顔の張りにも影響大。

太りにくいカラダを維持する
筋肉量が多いとそれだけ代謝がアップし、脂肪が燃焼モードに。断然太りにくくなる。

疲れにくく肩こりもナシ!
筋肉が正しく腕を支えると、余分な力がいらず、肩こりにもなりにくい。老廃物がスムーズに代謝され、疲労回復も早い。

筋力が、美しい姿勢をキープ
胴体部分である「体幹」を支える筋力がしっかり働くと、美しい姿勢を無理なくキープできる。

パンプスでもさっそうと歩ける
全身の筋肉の6割が集まっている下半身。筋力があると、きれいに足が上がり、素早く体重移動ができる。さっそうとした歩き方キープの要は、まさに筋肉!

美脚や美肌も筋肉が支える
老廃物が滞りやすい下肢。脚の筋肉を鍛えると、リンパの循環が改善。脚はむろん、顔の血色まで良くなり、むくみも解消!

Taka / PIXTA(ピクスタ)
この人に聞きました
井上留美子さん
松浦整形外科 院長
日本整形外科学会認定整形外科医・認定スポーツ医・認定リウマチ医・認定運動器リハビリテーション医。予防医学としてヨガにも着目し、ヨガインストラクターに整形外科理論を指導する。

取材・文/柳本 操

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経WOMAN誌面でどうぞ。」

■ 雑誌(紙版と電子書籍版)
日経BP書店で購入する
AMAZONで購入する
楽天ブックスでで購入する
セブンネットショッピングでで購入する
日経ストアで購入する
全国の書店、コンビニエンスストア、駅売店、ネット書店で購入できます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
働き方教養・マナー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 2月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 2月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 1月号

まんが 一生お金に困らない!お金がどんどん増える本

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ