• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経ヘルス1月号

体と心の「大そうじ」で、うるツヤ肌に!

2015年12月2日

気温や湿度が下がると、血流がよどむ、腸が詰まる、肌が乾燥する

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

気温や湿度が低くなる冬は、体に備わった“老廃物を外に出す力”が鈍る。最大の排出器官の腸が詰まれば「便秘」になり、老廃物を回収する静脈やリンパの流れが弱くなれば「冷え」、肌が「乾燥」して角質がたまる。「体の大そうじ」で冬の不調を解消しよう。

 12月の行事といえば、「すす払い」。毎日“おそうじ”していても、「汚れ」である“老廃物”がたまるのは、私たちの体も同じ。しかも冬は、体内に“老廃物”がたまりやすいことがわかってきた。若々しさや美肌をキープするには、“全身大そうじ”が必要だ。

調査概要:2015年11月2日から15日までの14日間、『日経ヘルス』『日経ウーマンオンライン』の読者を対象にウェブで調査。回答した174人について集計。平均年齢は40.5歳。

 「気温が下がる冬は、体の熱を逃がさないよう血管を収縮させるために、交感神経の働きが高まる。その結果、腸を動かす副交感神経の働きが鈍る。腸の動きが悪くなり、便秘したり、悪玉菌が繁殖したりしやすくなる」。そう話すのは、順天堂大学医学部の小林弘幸教授。久里浜医療センターの水上健・内視鏡健診センター長も、「腸の動きは天候の影響も受ける。特に冬で急に寒くなるなど、天候が急激に悪くなると、便秘しやすい」と話す。

 もちろん、血管が収縮すると、血流が悪くなってよどむた、手足が冷えやすくなる。細胞に酸素や栄養が十分に届かないために、肌荒れもしやすくなるという。実際、花王の最新研究でも、「血流を調整する働きが悪い人ほど、肌荒れしやすいことがわかった」(花王スキンケア研究所の次田哲也上席主任研究員)。

 肌自体の力も弱まる。ウォブクリニック中目黒の髙瀬聡子総院長は、「冬は、気温低下と乾燥で、肌のターンオーバー(新陳代謝)が乱れ、古い角質やメラニンがたまりやすい。特に、40代以降は、それらを排出する力が弱くなる。古い角質やメラニンを取り去るケアをしないと、ガサガサと乾燥してくすんだ肌になる」という。

 さあ、冬の「体の大そうじ」をはじめよう。

この人たちに聞きました
小林弘幸教授
順天堂大学医学部附属
順天堂医院総合診療科

順天堂医院に日本初の便秘外来を開設。自律神経の働きを高めるメソッドや腸脳相関にも着目し、研究を行う。著書に『全身の細胞が目覚めるセル・エクササイズ』(ポプラ社)ほか。

水上 健部長
久里浜医療センター
内視鏡健診センター

専門は大腸内視鏡検査、過敏性腸症候群・便秘の画像診断と治療。『女はつまる、男はくだる おなかの調子は3分でよくなる! 』など。

髙瀬聡子総院長
ウォブクリニック中目黒(東京都目黒区)
慈恵会医科大学卒。2007年にウォブクリニック中目黒を開院。美白、エイジング対策の化粧品開発も手がける。近著に『いちばんわかるスキンケアの教科書』(講談社)。

次田哲也
上席主任研究員
花王スキンケア研究所

スキンケアおよびファンデーション分野での研究歴は20年を超える。臨床効果実験と評価に精通。東京農工大学の非常勤講師も務める。

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経ヘルス誌面でどうぞ。」

取材・文/西山裕子(編集部) 写真/鈴木 宏 スタイリング/中野あずさ(biswa.) ヘア&メイク/木下 優
モデル/すみれ イラスト/三弓素青

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
ヘルス&ビューティその他

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 11月号

    特集:1年後、私が劇的に変わる!「すごい手帳のコツ300」【特別付録】その1:アフタヌーンティーコラボ オリジナル万年筆 /その2:冊子『まんがで分かる!お金がどんどん増えるルール』」

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 11月号

    特集 ゆがみ解決!たるみも消える!10日間体幹リセットで美姿勢!腹ペタ!別冊付録 脱・むくみ体質 リンパ流しバイブル」

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 10月号

    「日経DUAL」10月号は「ウチの子にぴったりな進路はどれ? 受験&進学総覧」「企業で人生成功させる必須6条件」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「不妊治療 顕微授精では精子の質的低下を補えない」「伝説のコーヒー店『カフェ・バッハ』女店主が作る子ども向けおやつ」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ