• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ナッツを食べるとお腹がやせる!?どうして?

2015年10月19日

食べることで脂肪が減り、お腹がすっきりする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

ナッツには便通を促す食物繊維や良質な脂肪酸がたっぷり。毎日25gを食べるだけでやせられることが分かってきました。ナッツでポッコリお腹を改善しましょう。

 ナッツの多くは砂漠地帯や乾燥地帯が原産。水や栄養が少ない土地で生き延びるために、種に多くの栄養を蓄えるようになったといわれる。

 こんなナッツこそ「ダイエットの味方」と話すのは、慶應義塾大学医学部の井上浩義教授。井上教授の研究では、普段の食事に加えて1日25gのアーモンドを半年間食べた人の腹囲が1.9cm減った。

 「ナッツは太りそう」と敬遠する人もいるが、「ナッツに含まれる脂質は、オレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸。細胞膜の材料にも使われる油で、体脂肪としてたまりにくい」(井上教授)。

 また、「ナッツを毎日食べると便秘が解消する人が多い。これは便の量を増やす不溶性食物繊維に加え、便を軟らかくする脂肪が豊富なため」(井上教授)。

 堅いナッツはかむ回数が増えるので、食前に食べると満腹中枢が刺激され、食事の食べ過ぎを防げるし、腹持ちもいい。次回からは、お薦めのナッツについて解説しよう。


この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康レシピ・食材ナッツ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 3月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 3月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 2月号

まんが 一生お金に困らない!お金がどんどん増える本

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ