• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経ヘルス 最新号の読みどころ

「ショウガ白湯」で温め 解毒ダイエット【日経ヘルス18年2月号】

2018年1月6日

便秘、冷え、肌の乾燥、むくみを一挙に解消

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 体が冷えて、重だるくなる季節。そんな時期にぴったりなのが「白湯」。特にショウガを組み合わせた「ショウガ白湯」は、体を強力に温め、便秘、冷え、肌の乾燥、むくみを一挙に解消してくれます。「ショウガ白湯」習慣、始めませんか?

 最も簡単でダイエットや不調解消効果が高い「白湯」。白湯は、一度水を沸騰させてから冷ましたお湯のことで、昔からアジアやインドなどでは、健康のために愛飲されてきた。

 インドの伝統予防医学である「アーユルヴェーダ」に詳しいマハリシ南青山プライムクリニックの院長で医師の蓮村誠さんは、「白湯を飲むと体の中の調子が整い、自然に無理なくやせるので、リバウンドもしにくい。また、肌の乾燥、不眠といった不調が改善され、腸にたまった老廃物も排出されて、解毒効果もある」という。体の中からきれいになり、自然にやせやすい体に変わっていくという。

 そんな白湯の効果をグッと高めたのが「ショウガ白湯」。白湯を作る際、やかんにショウガの薄切りを2~3枚入れて火にかけるだけ。出来上がりは、白湯に比べてほのかにショウガの香りが漂い、ピリッとした風味が加わる。

 食事中に飲むお茶や水など、毎日の飲み物をショウガ白湯に切り替えるだけのお手軽健康法!お金もほとんどかからないので、始めない手はない。

ショウガ白湯の作り方

1. やかんに、水(浄水器を通した水道水、市販の軟水など)とショウガの薄切りを2~3枚入れて、強火にかける。

2. 沸騰したら、やかんのふたを取って湯気が上がるようにする。

3. 2の状態で約5~10分沸騰させた後、火を止める。

ショウガ白湯ダイエットの基本ルール

・1杯を5~ 10分くらいかけてゆっくり飲む
・1日800mlまでにとどめる
・日中、外出先で飲む人は水筒で持ち歩く(6時間以上、70℃以上が続く保温ボトルがお薦め)

この人に聞きました
蓮村 誠さん
マハリシ南青山プライムクリニック院長
医師・医学博士。東京慈恵会医科大学を経て、オランダマハリシ・ヴェーダ大学で学ぶ。アーユルヴェーダに現代科学の検証を取り入れた「マハリシ・アーユルヴェーダ」の認定医として、講演・執筆活動なども行う。

取材・文/熊介子(編集部)、竹腰奈生 写真/横川誠 スタイリング/椎野糸子

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経ヘルス誌面でどうぞ。」

■ 雑誌(紙版と電子書籍版)
日経BP書店で購入する
AMAZONで購入する
楽天ブックスでで購入する
セブンネットショッピングでで購入する
日経ストアで購入する
全国の書店、コンビニエンスストア、駅売店、ネット書店で購入できます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 5月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 5月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 4月号

なぜか好かれる人の1日5分の新習慣

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ