• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経ヘルス 最新号の読みどころ

3大ナッツでアンチエイジング【日経ヘルス17年7月号】

2017年6月3日

しなやか血管で肌も脳も若いまま♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 美肌に、ダイエットにと、年齢問わず注目のナッツ。なかでもクルミ、アーモンド、ピスタチオには、血管から全身を若く保つ働きがあることがわかってきました。

 食物繊維やビタミン、ミネラル、良質な油を含み、美肌やダイエットに役立つと女性に人気のナッツ。実は、血管の柔軟性を高め、全身を若く保つという点でも注目の食材だ。

 でもなぜ血管が柔らかいといいのだろう。「血管が硬くなると、十分な酸素や栄養を送ることができなくなり、皮膚や筋肉、臓器などが老化しやすくなる」と愛媛大学医学部附属病院抗加齢・予防医療センターの伊賀瀬道也センター長。「センターの調査では、血管年齢が高い人は、シミやシワなどが多く、“見た目年齢”も高かった」という。

 さらに、「血管の細胞は、全身を若く保つさまざまな物質を作る」と新潟大学大学院の南野徹教授。「たとえば、血管の細胞が作るNO(一酸化窒素)という物質がそのひとつ。血液とともに流れていって、血管の先にある組織でエネルギー産生を高める」と南野教授。一方、血管細胞でのNO産生量が減ると、筋肉でのエネルギー消費が低下したり、臓器の働きが悪くなったりするという。

 そんな、全身のアンチエイジングの要となる「血管」を若く保つのがナッツというわけだ。「クルミとアーモンドに血管の老化を防ぐ働きがあることは以前から知られていたが、新たにピスタチオでも効果があることがわかってきた」と伊賀瀬センター長は話す。お薦めは1日25g程度を食べ続けること。血管が若返り、ダイエット効果も期待できるという。

お薦めは 1日25gのナッツ

血管を若く、柔らかく保つには「1日25g程度のナッツを食べるといい」というのはナッツの健康効果に詳しい慶應義塾大学医学部化学教室の井上浩義教授。「海外の研究では、大量のナッツで健康効果を検証したものが多いが、カロリーなどを考慮すると、日本人には25gくらいが適量」という(井上教授)。

αリノレン酸が柔らかな血管細胞を作る【25gは・・・クルミなら8粒】

人類が食してきた最古のナッツといわれ、古代ペルシャが原産。必須脂肪酸のリノール酸とαリノレン酸が理想のバランスで含まれ、αリノレン酸含有量はナッツの中で最も多い。このαリノレン酸とポリフェノールが血管を柔らかくすると考えられている。

ビタミンEとアーモンドポリフェノールが血管壁の硬化を防ぐ【25gは・・・アーモンドなら25粒】

西~南アジアが原産のアーモンド。ナッツ類の中でもカルシウム、鉄、マグネシウム、亜鉛といったミネラルがバランスよく含まれていて、食物繊維量はナッツで最も多い。血管を若く、柔らかく保つ働きは、ビタミンEやポリフェノール、オレイン酸によるもの。

カリウムとオレイン酸が血管を柔らかく保つ【25gは・・・ピスタチオなら50粒】

「血管の柔軟性を高めるナッツ」の新顔がピスタチオ。古代トルコ、ペルシャなど地中海沿岸の砂漠地帯が原産で、その独特の風味から「ナッツの女王」と呼ばれる。血管を柔らかくする働きは、カリウムと脂質に含まれるオレイン酸によるものとされる。

この人たちに聞きました
伊賀瀬道也センター長
愛媛大学医学部附属病院
抗加齢・予防医療センター

愛媛大学医学部卒業。同大学第2内科、米国ウェイクフォレスト大学医学部高血圧血管病センターを経て2015年から現職。循環器専門医、老年病専門医。動脈硬化、脂質異常症、アンチエイジングなどを研究。

南野 徹教授
新潟大学大学院
医歯学総合研究科循環器内科

千葉大学医学部卒業。臨床研修の後、東京大学医学部で医学博士を取得。米・ハーバード大学研究員などを経て現職。主な研究領域は血管再生治療、老化研究など。

井上浩義教授
慶應義塾大学
医学部化学教室

九州大学大学院理学研究科博士課程修了。2008 年から現職。専門は薬理学、生化学。天然の薬理活性物質の機能解明を行う。「ナッツのオレイン酸には糖の吸収を妨げる働きも」。

取材・文/堀田恵美、図版/三弓素青、スタイリング/久保田朋子、写真/鈴木正美、デザイン/ビーワークス

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経ヘルス誌面でどうぞ。」

■ 雑誌(紙版と電子書籍版)
日経BP書店で購入する
AMAZONで購入する
楽天ブックスでで購入する
セブンネットショッピングでで購入する
日経ストアで購入する
全国の書店、コンビニエンスストア、駅売店、ネット書店で購入できます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 7月号

    特集「1000万円貯まる!生活、始めよう」。好きなことにお金を使いつつ、しっかり貯蓄している人と貯められない人の違いとは。プロも実践する500円玉貯金術ほか貯まるワザ満載。第二特集「『0円』で英語が話せる」。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 7月号

    「ほぐす&伸ばす」が若見えの最短ルールだった!「老けないカラダは柔らかさが100%」を大特集。さらに、68ページの特別冊子付録「筋膜リリース完全ガイド」付き。

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 6月号

    「日経DUAL」6月号は「頭が良くなる本選び DUAL決定版100冊」と「ダイバーシティ時代の夫婦の幸せキャリア計画」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「初めての塾通い 知っておきたい防犯対策」「ダイアモンド✡ユカイ 無精子症を乗り越えて」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ