• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経ヘルス 最新号の読みどころ

医師が考案「たった5秒」ひざ裏伸ばし【日経ヘルス18年6月号】

2018年5月17日

ひざ裏の硬さが不調の原因だった

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 体はいくつになっても変わる――。劇的な体験の数々でこれを実証するのが、話題の“ひざ裏伸ばし”だ。姿勢が伸びて不調がみるみる改善するその効果を、あなたもいますぐ体験して!

 「ひざ裏伸ばし」は、地域医療の現場で生まれ、驚くべき成果を上げているメソッドだ。上の「壁ドン!」を基本とする「ひざ裏伸ばし」は、かわむらクリニックの川村明院長自身が実践するヨガをもとに考案。ひざ裏を伸ばして柔らかくすることで姿勢が整い、多くの女性の冷えや便秘、うつ気分など、体や心の不調が改善されたという。

 「基本の“壁ドン!”は、かかとを踏みしめてひざを伸ばすのがポイント。両手で壁を押すと体幹に力が入り、腰痛やぽっこりお腹も改善する」と川村院長。所要時間は1分程度。忙しければ最後の5秒だけでもいい。「1日5秒でも続ければ、体は確実に変わる」(川村院長)。

【まずはこれだけ!】基本のひざ裏伸ばし 壁ドン! ストレッチ

硬くなりやすいひざ裏を伸ばすため、まずは行いたい基本のストレッチ。体幹も同時に鍛えられる。

(1) 背すじを伸ばして壁の前に立つ
両足を揃え、壁に向かって立つ。背すじは首まで真っすぐ伸ばし、最後までこの状態をキープ。
(2) 脚を前後に開いて伸ばした手を壁につく
開いた後ろ脚のひざ裏は伸ばし、前脚のひざは曲げる。両手は肩の高さで壁につけ、息を吸う。

(3) 息を少しずつ吐きながら壁をリズミカルに5回押す
お腹とお尻に力を入れ、腕を曲げて息を吐きながら、5カウントに合わせて壁を押す。体幹を意識しながら、腰をぐっと前に出そう。

(4) ひざ裏をぐーっと伸ばし息を吐きながら壁を押す
最後に両手を伸ばして壁を押し、ひざ裏を大きくストレッチ。5秒キープする間に、息を吐ききる。ここでも背中は伸ばし、腹筋を使いながら腰をぐっと前に出す。反対側も行う。

構成・取材・文/オカモトノブコ 写真/鈴木宏 ヘア&メイク/木下 優(ロッセット) スタイリング/椎野糸子 モデル/本多麻衣

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経ヘルス誌面でどうぞ。」

■ 雑誌(紙版と電子書籍版)
日経BPSHOPで購入する
AMAZONで購入する
楽天ブックスでで購入する
セブンネットショッピングでで購入する
日経ストアで購入する
全国の書店、コンビニエンスストア、駅売店、ネット書店で購入できます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 8月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 8月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ