• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

2017年の装いはこの色! 取り入れたいトレンド色

2017年1月2日

キーワードは「ハッピーカラー」 色の流行を味方につけよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

2017年に向けて、あなたのファッション計画は万全ですか? セールシーズンで買い物に明け暮れる前に、2017年のトレンドカラーについてきちんと押さえておきましょう。お目当ての色があれば、やみくもに選ぶよりもきっとよい買い物ができるはず! 解説は、ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんです。

 ハッピーで若々しいムードが2017春夏ファッションの基本トーンになりそうだ。このムードにふさわしく、色の流行にも変化が表れている。ロマンティックやポジティブなどの気分も上乗せして、おしゃれを楽しむ色使いを取り入れて、17年らしい着こなしを楽しんでいこう。

女らしさとガーリー感の「ピンク&レッド」

J.Crew 2017春夏NYコレクション
BANANA REPUBLIC 2017春夏NYコレクション
BANANA REPUBLIC 2017春夏NYコレクション

 女っぽい雰囲気の装いが活気づく。ガーリー感も強まる兆し。ただし、むやみに甘ったるい味付けではない。深みのある赤、くすませたピンクなどで、落ち着きをもたらすのが17年の操り方。土っぽい色も登場している。スカートを軸に据え、シャツを相棒に迎えて、抑えた色数で都会的に着こなすのが賢いハンドリングだ。異なる素材を組み合わせたり、カラートーンを同系色で微妙にずらしたりして、動きを添えたい。ヴィヴィッドなレッドやピンクにはおじけてしまいがちだが、あえて堂々とまとうほうが大人っぽく見せやすい。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。公式サイト・fasion bible
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 7月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 7月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 6月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ