• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ボウタイブラウス1枚あれば、お仕事服がレベルアップ

2017年10月7日

脱・常識のアレンジでボウタイブラウスの出番が倍増

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 上品でエレガントな印象のボウタイブラウスはオフィスをはじめ、さまざまなシーンで活躍するアイテムです。今回はボウタイブラウスをピックアップし、ファッション上級者のスナップを例に、着こなし方をファッション・ジャーナリストの宮田理江さんが伝授。しっかり習得して、オフィスファッションをレベルアップしましょう。

 クラシカルなムードが濃くなるのが、2017-18年秋冬の傾向。その流れにぴったりマッチするのが長くリボンを垂らしたボウタイブラウス。上品さはもちろん、古風でエレガントな装いに仕上がるから、オフィスを含めて幅広いシーンに使えそうだ。テイストミックスする着こなしはさらに出番を増やす。今回は今までの常識を覆すような新スタイリングを見ていこう。

フレアスカートでグッドガール風に

 白の清楚(せいそ)なムードのボウタイブラウスに、裾が斜めのフレアスカートを合わせ、グッドガールのたたずまいに仕上げた。ボトムスに濃い色を選んで、白ブラウスのピュア感を引き立てている。

 イエローバッグの差し色も利かせた。仕上げにニットジャケットを肩掛け。肩を隠して、ボウタイ部分に視線を集めている。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。公式サイト・fasion bible
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ