袖にフリルをあしらったり、ボリュームを持たせた「袖コンシャス」のデザイン。風通しが良く、夏に向けても重宝するアイテムですが、コーディネートが難しそうだと思っていませんか。上手に着こなすポイントを、ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんが紹介します。

near.nippon 2018年春夏コレクション

 袖にフリルをあしらったり、ボリュームを持たせたりした「袖コンシャス」のデザインが盛り上がっている。きゃしゃ感を引き出せるのに加え、エレガントな着映えにも仕上げやすい。風が吹き通るから、夏に向けて重宝する。上手に着こなすヒントを、東京ブランド「near.nippon(ニアーニッポン)」の最新ルックから見つけていこう。

刺しゅう・ラッフルで優美な夏服に

near.nippon 2018年春夏コレクション

 袖に視線を引き込む演出はサマールックを退屈に見せない。手の込んだ刺しゅうを施したデコラティブな袖は、プルオーバーのトップスを1枚で着ても、品格を感じさせてくれる。ハーフスリーブの袖先が開いたタイプは自然と風が吹き通るから、夏でも涼やかに過ごしやすい。上品なピンクベージュに手の込んだ刺しゅうが映える。フェミニンなスカートはもちろん、ラフなデニムにも相性が良いから、着回しの点でも心強い。

near.nippon 2018年春夏コレクション

 愛らしいフリルよりもひだの大きいラッフルは夏の装いをロマンティックに華やがせる。袖を斜めに横切るようにラッフルが走ると、流れ落ちるような優美なイメージがチュニックに寄り添う。ニットならではの穏やかな風合いがラッフルの優しげな表情となじむ。スリムパンツやジーンズを合わせたり、ウエストをベルトでマークしたりと、量感のコントラストが印象的なコーディネートを楽しめる。