• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

春夏ルックはソックスにお任せ 大人フェミニンな足元

2018年4月21日

靴のタイプ別 幼く見せないコーディネートのコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ソックスを使ったコーディネートに挑戦してみたいけれど、幼く見えないか不安に思うことはありませんか。ソックスを上手に使えば、大人フェミニンな足元が演出できます。今回は、ファッションジャーナリストの宮田理江さんに、靴のタイプ別、足元コーディネートをご紹介していただきました。

スカート 3万4000円(税抜) ソックス 2400円(税抜)/ANTIPAST

 夏に向かうシーズンとなり、足元のおしゃれが視線を集めるようになってきた。健康的な素足もいいが、ソックスを賢く使えば、自分好みの味付けでおしゃれを楽しめる。ソックスはアクセサリー感覚で楽しめる上、財布の負担が軽い点でも魅力的なツール。デザインと品質の両面で海外でも評価の高い日本発の人気ブランド「ANTIPAST(アンティパスト)」の新作を手がかりに、大人女子にふさわしいフェミニンな足元コーディネートを、靴のタイプ別に押さえていこう。

ソックス+ヒール靴でこなれた大人感

コート 5万3000円(税抜) ニット 3万2000円(税抜) パンツ 4万9000円(税抜) ソックス 2200円(税抜)/ANTIPAST
ブラウス 3万1000円(税抜) スカート 3万5000円(税抜) バッグ 6800円(税抜) ソックス 2600円(税抜)/ANTIPAST

 使い勝手にすぐれるソックスだが、時に子どもっぽく見えがち。だから、パートナー役を務める靴の選び方には気を配りたい。大人感やフェミニン濃度を高める上では、やはりハイヒール系の靴が有力候補になる。

 靴にレディーの風情があれば、その分、ソックスで遊ぶ選択肢が広がる。白無地のアンクル丈ソックスでクリーンなガーリー感を添えたり、服の色と合わせたソックスでまとまりを強調したりと、アレンジの余地は大きい。靴の雰囲気と少しだけずらしたムードのソックスを選ぶと、こなれて見える。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。公式サイト・fasion bible
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 7月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 7月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 6月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ