• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

おしゃれに欠かせない「大人っぽいレイヤード」必勝法

2018年2月17日

異素材ミックスの重ね着パターンをチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 あなたは重ね着ファッションに自信がありますか。重ね着を上手に取り入れることができれば、一気におしゃれへの道が開けます。今回は、押さえておきたい重ね着ルールをチェック。ファッション・ジャーナリストの宮田理江さんのスナップ写真と解説でお届けします。

 「着こなしがうまいなぁ」と感心させる人はレイヤード(重ね着)上手であることが多い。単に何枚も重ねるのではなく、ムードや表情の違いを生かした組み合わせが大人っぽい着姿に導く。その決め手は異なる質感の響き合い。レザーやウール、コットンやシフォンなど、光沢や風合いの異なる素材をレイヤードに組み込むと、自然な落ち着きが生まれる。

ミリタリー系ジャケットでスパイス追加

 大人っぽいレイヤードに仕上げるためには、程よく「異分子」を差し込みたい。全体が同じトーンでまとまりすぎないよう、別ムードの1枚を挟むわけだ。ムートンの薄手アウターの内側からチラリとのぞくミリタリー風味のコットンジャケットがほっこりアウターにスパイスを効かせた。ウエストから垂れたシャツ裾も適度なルーズ感を添えている。

 一方、ボトムスは黒パンツで引き締めた。靴とバッグに配したスタッズ(金属鋲)がクールな風情を呼び込んでいる。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
宮田理江
宮田理江(みやた・りえ)
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。公式サイト・fasion bible
関連キーワードから記事を探す
ファッション

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 7月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 7月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 6月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ