• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

尼神インター いじられても鋭く切り返す芸風のルーツ

2017年8月26日

ブレーク真っ最中 カッコいい話題のコンビ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 一度見たら忘れられない、個性的なコンビ・尼神インター。ヤンキーのような渚さんと、「磨けば光らないこともなさそうなのに、ちゃんと磨かれていない」という状態をキープしている誠子さん。ブレーク真っ最中の二人の魅力を、お笑い評論家のラリー遠田さんが解説します。

尼神インター。誠子さん(左)と渚さん(右) 写真/吉本興業

 バラエティー番組では、女性芸人が容姿をネタにされることがよくあります。ハリセンボンの近藤春菜さんがその特徴的な外見を「角野卓造」「シュレック」「マイケル・ムーア」などに例えられて、「角野卓造じゃねえよ!」と切り返す場面を目にしたことがある人は多いのではないでしょうか。春菜さんのように、独特の外見と明るいキャラクターのおかげで、「美人orブス」という二元論を超えたフィールドで戦うことができている人が増えています。

 一方で、一昔前と比べると、女性芸人がテレビの中で露骨な「ブスいじり」を受ける機会は減っているのではないかと思います。セクハラに対する意識も高まっている現代では、「ブスいじり」に対する視聴者の反発も強く、女性芸人を安易に「ブス」として扱って笑いを取ることはタブーになりつつあります。

 でも、そんなタブーを軽々と乗り越えて活躍しているように見えるのが、尼神インターの誠子さんです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ラリー遠田
ラリー遠田
作家・ライター/お笑い評論家
執筆、講演など多方面で活動。お笑いオウンドメディア『オモプラッタ』の編集長を務める。『イロモンガール』(白泉社)の漫画原作、『逆襲する山里亮太』(双葉社)、 『なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?』(コア新書)など著書多数。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ