• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

なぜ芸人は小説や脚本が書けるの?バカリズムから分析

2017年5月13日

「作家型芸人」バカリズム人気の秘密

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 ドラマの脚本を書いているバカリズムさんをはじめ、作家型芸人の活躍が目立ちます。なぜ今、芸人の「ストーリーを作る力」に注目が集まっているのでしょうか? お笑い評論家のラリー遠田さんが分析します。

多才なバカリズムさん (C) マセキ芸能社

 この春からテレビでは新しいドラマがたくさん始まっていますが、その中でも特に異彩を放っているのが「架空OL日記」(読売テレビ・日本テレビ系)です。

 これは、バカリズムさんがなぜかOL役を務める異色の作品。

 もともと、バカリズムさんは10年以上も前に、架空のOLになりきってその日常生活をブログに書いていたことがありました。そのブログの内容は後に書籍化されています。

 今回、それが新たにドラマ化されることになり、バカリズムさん自身が主演と脚本を務めることになったのです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ラリー遠田
ラリー遠田
作家・ライター/お笑い評論家
執筆、講演など多方面で活動。お笑いオウンドメディア『オモプラッタ』の編集長を務める。『イロモンガール』(白泉社)の漫画原作、『逆襲する山里亮太』(双葉社)、 『なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?』(コア新書)など著書多数。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ