• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

空前絶後のぉ!サンシャイン池崎 斎藤工の物まねも話題 

2017年3月11日

ブルゾンちえみに続く強烈キャラ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「イェェェーーイ!!」と大声を張り上げる、一度見たら忘れられないハイテンション芸が話題のサンシャイン池崎さん。お笑い評論家のラリー遠田さんは、そんな池崎さんを「少年マンガに出てくるスーパーヒーローのよう」と評します。一体どういうことなのでしょうか――。

 ピコ太郎、ブルゾンちえみなど、最近ブレークしている芸人の中には、一般の人が思わずまねしたくなる感染力の強い芸風やキャラクターを持っている人が目立ちます。

 ピコ太郎さんの「PPAP」のパフォーマンスは世界中で受け入れられていて、動画サイトには無数の動画がアップされています。

 ブルゾンちえみさんに関しても、その髪形やメイクやネタをまねしてツイッターやインスタグラムに動画や画像をアップする人が続出しています。

 そんな中で、一風変わった独特の広まり方をしているのがサンシャイン池崎さんです。

 最近、彼が大きく注目されるきっかけになったのは、昨年末の「絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」(日本テレビ系)に出演したことでした。

 池崎さんは、科学研究所の所長という役回りで登場しました。

 そして、それに続いて出てきたのが、彼とそっくりの格好をした俳優の斎藤工さん。

 斎藤さんは「サンシャイン斎藤」を名乗り、キャッチフレーズをハイテンションで絶叫して、ダウンタウンをはじめとするレギュラー陣を爆笑の渦に巻き込んでいました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ラリー遠田
ラリー遠田
作家・ライター/お笑い評論家
執筆、講演など多方面で活動。お笑いオウンドメディア『オモプラッタ』の編集長を務める。『イロモンガール』(白泉社)の漫画原作、『逆襲する山里亮太』(双葉社)、 『なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?』(コア新書)など著書多数。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ