• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

空前絶後のぉ!サンシャイン池崎 斎藤工の物まねも話題 (3/4)

2017年3月11日

ブルゾンちえみに続く強烈キャラ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

世間に衝撃を与えたのは、単純明快さ

 途中で声が枯れないように喉を鍛える必要があるのはもちろん、どんなに客席が静まり返ってもビクともしない強靱なハートが求められます。

 池崎さんは、袖なしシャツと短パンに身を包み、ハチマキを締めて髪を逆立てる独特の外見をしています。

 まるで少年マンガの世界から飛び出してきたような見た目で、明るく楽しく「イエーイ!」と叫ぶだけ。

 この単純明快さこそが、世間に衝撃を与えた要因でしょう。

いつまでたっても、大声を張り上げるだけ

 若手芸人がテレビに出始めてしばらくたつと、素のキャラクターを出すことが求められるようになります。

 ネタの中のキャラクターを超えたところで、普段のその人はどういう人物なのかということが興味の対象になっていくからです。

 でも、池崎さんはいつまでたってもそういう扱いを受けることがありませんでした。

 彼はひな壇に座っても、バカみたいに(褒めてます)大声を張り上げるだけで、決してアクセルを緩めることがありません。

 器用にあれこれ対応しようとする若手芸人が増えている中で、池崎さんのその一途な姿がいっそう魅力的に見えます。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ラリー遠田
ラリー遠田
作家・ライター/お笑い評論家。執筆、講演など多方面で活動。お笑いオウンドメディア「オモプラッタ」の編集長を務める。「イロモンガール」(白泉社)の漫画原作、「なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?」(コア新書)など著書多数。
ブログ:おわライター疾走
関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 5月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 5月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 4月号

なぜか好かれる人の1日5分の新習慣

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ