• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

人見知りは大切な能力 オードリー若林に活かし方を学ぶ

2017年2月11日

人見知り芸人はなぜMCに向いているのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

はじめは春日さんのほうが目立っていたオードリー。彼らが一発屋で終わらなかった理由は、実は若林さんにありました。お笑い評論家のラリー遠田さんが、オードリー若林さんの芸歴を紹介しながら、これほどまで人気になった理由を探ります。

一発屋で終わらなかった――芸人として生きる道とは (C) PIXTA

 テレビの世界では、毎年のように「一発屋芸人」と呼ばれる人たちが出てきます。

 彼らは、たった1つのネタやフレーズやキャラが評価されて、ある時期に爆発的な人気を獲得します。しかし、その後しばらく経つと勢いが衰え、急上昇の後の急降下を経験することになります。

 テレビに出る機会もどんどん減っていき、人々の記憶から消えていく。それがいわゆる「一発屋芸人」のたどる悲しい運命です。

 短い時期に大きく当てた人ほど、その反動で落ちるときのスピードも速くなってしまいがちです。

 そんな中で、オードリーは、一度は大ブレークを経験しながらも、そこから人気が落ちることなく、長きにわたり安定飛行を続けています。

 彼らが生き残ることができたのは、2人それぞれが個人として魅力的な個性を持っていたからです。

 特に、ツッコミ担当の若林正恭さんの役割は大きいものでした。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ラリー遠田
ラリー遠田
作家・ライター/お笑い評論家
執筆、講演など多方面で活動。お笑いオウンドメディア『オモプラッタ』の編集長を務める。『イロモンガール』(白泉社)の漫画原作、『逆襲する山里亮太』(双葉社)、 『なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?』(コア新書)など著書多数。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ