• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ブルゾンちえみに続け 今年見るべき芸人はこの人たち

2018年1月13日

2018年にブレークするのは、誰?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 年末年始はお笑い番組が盛りだくさんでしたね。新たに好きな芸人を見つけた! という方もいるのではないでしょうか。2018年に注目の芸人は誰なのか、お笑い評論家のラリー遠田さんに解説してもらいましょう。気になる人がいたら、今年の活躍を追ってみてくださいね。

今年、スポットライトが当たりそうなのは……? (C) PIXTA

 いよいよ新しい年が始まりました。テレビの世界では年末年始の特番ラッシュも終わって、ようやく通常営業に戻ってきたところです。2018年には冬季五輪、ワールドカップなど、世界規模の注目イベントが目白押しですが、お笑い界では新たにどんなスターが生まれるのでしょうか。ブレーク候補の芸人を何組か紹介していきたいと思います。

 真っ先に挙げたいのが、2017年末の「M-1グランプリ」で優勝したとろサーモンです。もともと漫才の実力には定評があり、業界内ではその才能を認められていたのですが、なかなかチャンスをつかめませんでした。そんな二人がようやく栄冠を手にして、ブレークへの足掛かりを作りました。

 ボケ担当の久保田かずのぶさんは芸人屈指のラップの達人であり、他人を即興でディスる「フリースタイル」を得意としています。また、ツッコミ担当の村田秀亮さんは美声を生かしていくつかのバラエティー番組でナレーターとしても活動していました。それぞれが器用で多才なとろサーモンは、今年こそ多方面での活躍が期待できそうです。

 また、とろサーモンと並んで注目度が高いのが、2017年の「キングオブコント」で優勝したかまいたちです。彼らはコントだけではなく、漫才もこなす「二刀流芸人」です。2017年の「M-1グランプリ」でも決勝に進んでいて、その実力は折り紙付き。「キングオブコント」では、準優勝に終わったにゃんこスターに話題をさらわれてしまった感じがしますが、かまいたちも決して不遇ではありません。優勝してからは着実にテレビ出演の機会も増えてきています。

 大阪を拠点に活動している彼らは今年、ついに東京進出することを公言しています。彼らはコントや漫才だけではなく、トークもロケも何でもこなせるのが強みです。活動の拠点を東京に移すことで、ますます勢いに乗ることができそうです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
ラリー遠田
ラリー遠田
作家・ライター/お笑い評論家。執筆、講演など多方面で活動。お笑いオウンドメディア「オモプラッタ」の編集長を務める。「イロモンガール」(白泉社)の漫画原作、「なぜ、とんねるずとダウンタウンは仲が悪いと言われるのか?」(コア新書)など著書多数。
ウェブサイト:ラリー遠田公式サイト
関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 8月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 8月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ