• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

相磯展子の「目からウロコの仕事ハックnew」

自信がない人ほど「仕事ができない人」を見下す理由

2016年10月24日

その価値観で大丈夫? 間違った自己評価があなたの自信を削いでいるかも

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

アメリカで注目が集まっている「ハピネス研究」を知っていますか? この分野では、「働く人の精神がどのように仕事に影響するか」についての研究が盛んに行われ、それが実践の場でも取り入れられています。これは仕事で感情を出すことをタブーとしがちな日本とはずいぶん違う考え方です。本連載では、翻訳・通訳者の相磯展子が、「ハピネス研究」をはじめとする海外の仕事観を紹介しながら、日本の仕事の常識に疑問をぶつけていきます。違った視点に触れることで、悩みを解決するヒントがきっと見つかるはずです。

本当に仕事ができる人は、自分の仕事のデキなんて気にしていない?

 やたらと仕事のデキにこだわる人っていますよね? 

 「○○さんって、本当に仕事がデキてかっこいいよね~。私もああいう風になりたいな~」なんてことをしょっちゅうぼやいている人のことです。「そうそう、いるいる」とうなずいてもらえたでしょうか? 

 目標や憧れを持つことは悪いことではありません。しかし、一方でこういう人の多くは、手のひらを返すかのように「仕事がデキない」人を見下します。

 これをここでは仮に「そこそこデキる私」願望と名付けたいと思います。単刀直入に言ってしまうと、このタイプの人は「自分はそこそこ能力がある」と思っているけれど、「仕事がデキる人」ほどではない。だから「デキる人」を必要以上に持ち上げ(そうすることでそこに到達できていないことが正当化される)、デキない人を必要以上に見下して、「そこそこデキる私」を維持することで、なんとかバランスを保っているのです。

 いじわるな言い方をしてしまいましたが、実はこれ実際の能力に関係なく、多くの人が大なり小なりやってしまうことです。だって「自分は仕事がデキない」なんて思いたくないですよね?

 もう気付いたかと思いますが、これはあまり健全なマインドセットではありません。そこで、今回は私たちが見過ごしがちな「デキ女」願望に潜む落とし穴について考えてみたいと思います。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ