• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

相磯展子の「目からウロコの仕事ハックnew」

失敗の引き金にも… 代替案がないほうが成功する理由

2016年8月18日

「B案」を作ることには決定的なデメリットがあった

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

アメリカで注目が集まっている“ハピネス研究”を知っていますか? この分野では、「働く人の精神がどのように仕事に影響するか」についての研究が盛んに行われ、それが実践の場でも取り入れられています。これは仕事で感情を出すことをタブーとしがちな日本とはずいぶん違う考え方です。本連載では、翻訳・通訳者の相磯展子が、「ハピネス研究」をはじめとする海外の仕事観を紹介しながら、日本の仕事の常識に疑問をぶつけていきます。違った視点に触れることで、悩みを解決するヒントがきっと見つかるはずです。

 たいていの人はリスクを伴う挑戦に踏み切る際、代替案としてB案を考えます。「起業で失敗したら、前の会社に戻ろう」といった発想は、常識的には理にかなっていると多くの人が考えるでしょう。しかし、最近の研究ではこのB案を考えることが、本来の目的を達成する妨げになっていることが指摘されています。

 米国ウォートン・スクールの教授らが2016年4月に発表した研究では、代替案について考えただけで、モチベーションが下がり、努力しなくなることが分かったそうです。結果的にB案の存在が目標達成の可能性を下げていたのです

[引用][研究グループが行った]ある実験では駅で見知らぬ人に声をかけ、目標達成のためにどれくらい努力しているか、万が一失敗した時のB案があるかなど、目標に関わる事柄を書き出してもらった。この2つ目の質問に「はい」と答えた人は、「いいえ」と答えた人に比べて目標達成のための努力が少なかった。
(Science of Us「The Case Against Having a Backup Plan」)

 私たちはある程度のプレッシャーがなければ本気になれません。後がない人はものすごい力を発揮するものです。この研究結果もまた、その事実を良く表しているのかもしれません。

 次のページでは、その理由についてお話します。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ