• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【対談】逃げ恥・百合ちゃんの仕事シーンが語ること

2017年4月4日

「逃げ恥コンビ」対談 ~ 漫画原作者・海野つなみさん、ドラマ脚本家・野木亜紀子さん 後編

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

前回記事・【対談】私たちは「逃げ恥」の何に「萌えた」のか? に続き、「逃げるは恥だが役に立つ」原作の漫画家・海野つなみさんと、ドラマの脚本を担当した野木亜紀子さんの対談後編をお届けします。逃げ恥の裏テーマは「多様性」なのだとか!

マイノリティーなキャラクターが集まり、共感広がる

――野木さんはドラマの顔合わせのときに、「多様性を大切にしたい」と言われたそうですね。

野木さん(以下、敬称略) 実は私、海野先生がその日いらっしゃることを直前まで知らなかったんです。原作者の思惑をよそに、そんなことを勝手に言ってもいいものかとも思ったんです。でも、この物語の登場人物って、平匡にしてもみくりにしても、他の人も、ある種のマイノリティーだなと思うところがあって、以前からプロデューサーにはそう伝えていて。ほかのことを話す準備もしていなかったので、これは所信表明だと思って、キャストとスタッフの皆さんに「このドラマで私は、多様性を描きたい」と言ったんです。だから、単行本のあとがきで海野先生に拾ってもらって、びっくりしました。

海野さん(以下、敬称略) それを聞いて安心したんです。今まで、野木さんが脚本を書いたドラマを見てうまい人だというのは分かっていたんです。その上で、「多様性を大切にしたい」という言葉を聞いて、漫画のことも分かってくれていると思えたから、その後はすべてお任せできました。台本で「え?」って思う部分が出てきても、野木さんは、分かった上で書いていると思えるなと。例えば漫画では「家事をやるのは好意だから」と描いているところが、ドラマでは「家事をやるのはボランティアだから」と変わっています。最初台本で見たときは、「これはどういう違いだろう、でもきっと野木さんなりの考えがあるんだな」と思ってドラマを見たら、「ああ、こういう使い方をしたいからこの言葉を選んだのか!」と。

――多様性については、もともと海野さんも考えていたことですか?

海野 いろんな人がいるよねというナチュラルな疑問として描きました。それは、今回に限らず、今までも描いてきましたし。

――読者・視聴者としては、小ざかしいみくりと、アラフィフで未婚の百合ちゃんのキャラに本当に勇気づけられました。漫画ではこうしたステレオタイプではないキャラクターを見かけることはありますが、まだまだドラマでは見ることの少ないキャラですよね。

海野 出てきたとしても、ただ小うるさいだけのキャラになっていたりしますよね。長年働いている女性を描くと、それだけでお局キャラにくくられることも多いから。そうなると、見ている女の人も、年取って口うるさいと嫌われるんだなと思ってしまったり、ステレオタイプな誘導になってしまったりということは多かったかもしれないですね。

――そういったキャラクターの誘導がこの作品にはなかったですよね。

海野 「そうじゃないんだ」と強く訴えるよりは、普通の人を普通に描いているだけなんですよ。「小うるさい」とか「お局」と言われることもなく楽しく暮らしている、周りにいる普通の人のことを普通にきちんと描ければそれでいいんじゃないかなと。それに、漫画には百合ちゃんの仕事のシーンはそこまでないんだけど、ドラマでは部下とかも出てきて、働く百合ちゃんを描いてくれて、そこは厚みが出て、すごくよかったなと思います。

野木 あそこは逆算して加えたものなんです。原作の百合ちゃんって良いせりふがいっぱいあるじゃないですか。女性向けの雑誌や漫画を読んでいる人には、そういうせりふの良さはすぐに伝わるけど、ドラマだといろんな人が見て分かるようにしないといけない。どうしたらあのせりふが引き立つかを逆算して考えて、例えば百合ちゃんの作った、自由をうたう広告が、女性の価値観を決めつける広告に差し替えられてしまって……みたいなエピソードを追加していました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
西森路代
西森路代
ライター/人気事象評論家。1972年生まれ。大学卒業後、地方テレビ局のOLを経て上京。派遣社員、編集プロダクション、ラジオディレクターを経てフリーランスライターに。主に、アジアのエンターテインメントや女子、人気について執筆。共著に「女子会2.0」(NHK出版)、著書に「K-POPがアジアを制覇する」(原書房)がある。TBS RADIO文化系トークラジオ 「Life」にも出演。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 6月号

    特集は「心とカラダの不調を解消!疲れない!老けない人の24時間」。ウーマン読者が今一番気になるのは、「体力の衰え」と「疲れが取れないこと」。女性医師500人とカラダのプロたちが、毎日実際にやっていることを紹介。第二特集は「残高見るだけで1000万円貯蓄法」。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 6月号

    忙しい、運動が苦手な人でも続く!5秒~できて簡単なのに効果絶大な「筋トレの新ルール」を大特集。歩くだけ、伸ばすだけ、座るだけ!日常生活で少し意識を変えるだけで、引き締まった体が手に入ります!

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 5月号

    「日経DUAL」5月号は「もしかして、わたし“毒親”予備軍?」と「使ってみた!知っておくと得 DUAL的最新便利サービス」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「小学生の防犯マニュアル 登下校、習い事の行き帰り」「周囲の気持ちをくみ取る『女の子脳』の子には注意」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ