• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【対談】逃げ恥の「萌えポイント」を読み解いてみたら

2017年3月28日

「逃げ恥コンビ」対談 ~ 漫画原作者・海野つなみさん、ドラマ脚本家・野木亜紀子さん 前編

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

超人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の興奮、覚えていますか? キャストにときめいたり、契約結婚という夫婦のカタチについて考えさせられたり、日経ウーマンオンラインの読者の皆さんにとって関心が深かったドラマの一つだったのではないでしょうか。
ちょうど逃げ恥の原作漫画・最終9巻も発売された折、3月都内某所で、原作の漫画家・海野つなみさんと、ドラマの脚本を担当した野木亜紀子さんが対談するというので、人気事象研究家の西森路代さんが、逃げ恥のあれこれを聞いてきました。

SNSとドラマ放送の相乗効果で人気爆発

――お二人の対談というのはこれまでにあったんでしょうか?

野木さん(以下、敬称略) 対談は初めてです。海野先生と対談したいというのは前々から言ってたんですよね。

海野さん(以下、敬称略) 初対面はドラマの顔合わせのときですね。お会いするのは今日で3回目なんです。

――ツイッターではけっこうやり取りされているようですね。実際お会いするのが3回目とは思えない、和気あいあいな雰囲気ですね。

野木 そうですね(笑)。(この和気あいあいな雰囲気は)何なんでしょうね。でも、現場でなかなかお会いする機会がなかったんですよね。

――海野さんがドラマ好きということはツイッターなどを見て知っていたんですが、ドラマ化が決定したときの気持ちはいかがでしたか?

海野 1巻が出たあたりときから、ドラマ化のお話はいただいていたんです。でも、どこの局でやるのかは、なかなか決まらなかったんですね。それでやっと決まって、キャストについて聞いたら、最初にガッキー(新垣結衣)が決まって、「わー100点!」って思っていたんです。その後、平匡さんには、平匡さんの童貞感が生かされた人がいいなと思っていたら、星野(源)さんが演じることになって「いい人が来たー!」と。その他にも、最初から古田新太さんのお名前も出ていて、実現したらすごいなと思っていたら、本当に沼田さん役に決まって、しかも怪演してくださってうれしかったです。

――もともとドラマになるイメージはあったんですか?

海野 海外ドラマみたいなつもりで描いてたんですよ。「アリー my Love」みたいなね。だから、妄想シーンがいっぱい出てくるんですよ。ドラマをイメージして描いてたから、ドラマにしやすいと言ってもらえたのかなと。

――野木さんにお聞きしたいんですが、ドラマがうまくいくときって、どういう要因がありますか?

野木 やっぱり、脚本、演出、プロデューサーが、何の仕事をどこまでやるのか、チームによって変わりますけど、バランスが取れていると良いとは思います。今回、プロモーションは、峠田(たわだ)さんというプロデューサーが負けたくない男なので(笑)、いろいろ仕掛けていました。例えばSNSで放送の10分前告知をキャストにしてもらうなど、過去のドラマ「コウノドリ」のときからのノウハウを全部入れていました。キャストの力と物語の力に加えて、そうした要素もあって、今回のような視聴率になったのかなと。

海野 お祭りみたいになってましたよね。

野木 ただ、すべてのドラマで「恋ダンス」をすればいいのかっていうとそういうことでもないので、今回は特殊なケースだと思います。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
西森路代
西森路代
ライター/人気事象評論家。1972年生まれ。大学卒業後、地方テレビ局のOLを経て上京。派遣社員、編集プロダクション、ラジオディレクターを経てフリーランスライターに。主に、アジアのエンターテインメントや女子、人気について執筆。共著に「女子会2.0」(NHK出版)、著書に「K-POPがアジアを制覇する」(原書房)がある。TBS RADIO文化系トークラジオ 「Life」にも出演。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 10月号

    特集「最小限の服でオシャレに見える ムダなお金を使わない!通勤コーデ」。第2特集「人生100年時代のお金の備え方」

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 10月号

    特集「首・肩のコリ、むくみ、痛み… もめば不調がゼロになる!最高のマッサージ」第2特集「野菜の栄養 100%摂る食べ方&調理法」

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 9月号

    「日経DUAL」9月号は「女性エグゼクティブ in 『男社会』」「パパ育休の取り方、過ごし方 完全マニュアル」2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「恋心の芽生え 思春期を迎えるわが子との向き合い方」「パートナーの独立 もしもの『社会保障』はどうなる?」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ