• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ドン引きどころか大絶賛 斎藤工が見せたコメディ魂

2017年1月20日

ファン層が広がること必至の捨て身のパフォーマンス

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

2016年末に放送された特別番組『絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』に、俳優の斎藤工さんがお笑い芸人・サンシャイン池崎さんを模した「サンシャイン斎藤」として出演していたことが話題になっています。その意外性に驚いた人も多いのでは? 人気評論家の西森路代さんによる考察です。

 番組では、最初に本家のサンシャイン池崎さんが登場。出演者を笑わせるためにハイテンションなネタを披露します。続いて、セクシーさが足りないという理由で「セクシー増強装置」に液体を投入。そして、白い煙の中から「イェー」と現れたのが、斎藤さん扮(ふん)するサンシャイン斎藤でした。この意外性に、とうとう出演者全員が笑ってしまいました。

 ダウンタウンをはじめとした出演者は、口々に「最悪やん」「こいつアホや」とツッコミを入れつつも、最終的には「見事」「すごいな」と絶賛していました。

セクシー増強装置の白い煙から現れたのは……斎藤工さんでした イラスト/川崎タカオ

 私がこの斎藤さんを見て思ったのは、「プロの俳優だ」ということでした。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
西森路代
西森路代
ライター/人気事象評論家。1972年生まれ。大学卒業後、地方テレビ局のOLを経て上京。派遣社員、編集プロダクション、ラジオディレクターを経てフリーランスライターに。主に、アジアのエンターテインメントや女子、人気について執筆。共著に「女子会2.0」(NHK出版)、著書に「K-POPがアジアを制覇する」(原書房)がある。TBS RADIO文化系トークラジオ 「Life」にも出演。
関連キーワードから記事を探す
エンタメ

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ