• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

定年後の人生約30年 今から考えておくべきこと3つ

2017年9月27日

人生100年時代 キャリアを開発するのは「自分」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは、「ワークルールとお金の話」の佐佐木由美子です。以前から、働く女性を応援する情報共有の場として、「サロン・ド・グレース」を主宰しています。9月のサロンで取り上げた、これからの新しい働き方とワークルールについて、今回はお伝えしたいと思います。

超高齢化社会の現実 定年後の人生は30年近くある

 厚生労働省の発表によると、2016年における日本の平均寿命は、女性が87.14歳、男性が80.98歳といずれも過去最高を更新。内閣府の発表では、2050年には女性90.29歳、男性83.55歳になると見込まれています。

 仮に60歳で定年になっても、そこから先の人生が30年近くもあるのです。今後は、「定年まで真面目に勤め上げれば、年金で何とかなるだろう」とのんきに構えていられる時代ではありません。

 一方、年金(厚生年金の報酬比例部分)は、段階的に受給開始年齢が引き上げられており、昭和41年4月2日以降に生まれた女性は、65歳から支給が始まります。

 定年後、年金をもらい始めるまで空白期間が生じないように、下記3点のいずれかについて、高年齢者の雇用確保措置が法律で企業に義務付けられています。

●65歳まで定年引き上げ
●希望者全員65歳までの継続雇用制度の導入
●定年の廃止

 年金と雇用の問題はセットで考えられ、法律の見直しも図られてきました。

 私たちの人生は、思った以上に長いのです。仮に、現在35歳としても、平均寿命からみれば折り返し地点にも達していません。これからの長い人生を、自分らしく自立して生き抜くためには、働くこと、つまり(1)自分の能力を金銭に換えていく力を身に付けていくことが大切になります。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐佐木 由美子
佐佐木由美子(ささき・ゆみこ)
人事労務コンサルタント・社会保険労務士。米国企業日本法人を退職後、社会保険労務士事務所等に勤務。2005年3月、グレース・パートナーズ社労士事務所を開設し、現在に至る。女性の雇用問題に力を注ぎ、働く女性のための情報共有サロン【サロン・ド・グレース】を主宰。著書に「採用と雇用するときの労務管理と社会保険の手続きがまるごとわかる本」をはじめ、新聞・雑誌等メディアで活躍
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 12月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ