• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

納付10年で年金がもらえるように 8月に法改正

2017年6月28日

期間短縮で約64万人が新たに受給資格を得る見通し

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは、「ワークルールとお金の話」 佐佐木由美子です。これまで老齢年金を受け取るためには、25年以上の受給資格期間が必要でしたが、2017年8月からはそのルールが改正されるのをご存じでしょうか。

老後生活のベースとなる年金

 私たちの老後の生活を支えてくれる年金。「先のことでピンとこない」という方もいるかもしれませんが、親世代にとっては切実な問題であり、決して他人事ではありません。いくらかでも生涯もらえる年金があるかないかの違いは、とても大きいものといえるでしょう。

 これまで、老齢年金を受け取るためには、原則として保険料納付済期間(国民年金の保険料納付済期間や厚生年金、共済組合等の加入期間を含みます)と国民年金の保険料免除期間などを合わせた期間が原則として25年以上必要でした。

 2017年8月1日より、資格期間が10年以上あれば、老齢年金を受け取ることができるようになります。これまで期間が足りずに年金をもらえなかった人にとっては朗報といえるでしょう。

老齢年金が「最低10年加入」に短縮されます (C) PIXTA

 こう聞くと、「10年で年金がもらえるなら、それ以上納めなくてもよいのでは?」と思ってしまう方が、もしかしたらいるかもしれません。しかし、これは最低条件であって10年間国民年金保険料を納付しただけでは、もらえる年金は年額20万円にも満たないのです。

 ちなみに、10年という受給資格期間には、年金保険料の免除を受けた期間が含まれるほか、年金額の算定には反映されませんが、「合算対象期間」を含めることができます。この合算対象期間は年金額に反映されないため、「カラ期間」ともいいます。

【合算対象期間の例】
●1991年3月31日以前に学生であって国民年金に任意加入していなかった期間
●日本人であって海外に居住していた期間のうち国民年金に任意加入していなかった期間
●1986年3月以前に会社員の配偶者だった期間 など

※ いずれも20歳以上60歳未満の期間に限る。詳しくは日本年金機構へ。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐佐木 由美子
佐佐木由美子(ささき・ゆみこ)
人事労務コンサルタント・社会保険労務士。米国企業日本法人を退職後、社会保険労務士事務所等に勤務。2005年3月、グレース・パートナーズ社労士事務所を開設し、現在に至る。女性の雇用問題に力を注ぎ、働く女性のための情報共有サロン【サロン・ド・グレース】を主宰。著書に「採用と雇用するときの労務管理と社会保険の手続きがまるごとわかる本」をはじめ、新聞・雑誌等メディアで活躍
関連キーワードから記事を探す
マネー

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 3月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 3月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 2月号

まんが 一生お金に困らない!お金がどんどん増える本

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ