• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

耐え難い職場でのニオイ 「スメハラ」の対処法(2/2)

2016年3月8日

香水、タバコ……「職場でマスクが手放せない」 のに、誰も直接言えない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

コスメティック・バイオレンス?

 思えば、私たちは様々な香りに包まれて生活をしています。それぞれの嗜好が影響するものですから、一概に「これがいい」「これがダメ」とは言えません。

 隣の部署にいる先輩女性も、本人にとっては素晴らしく良い香りで、それが仕事のモチベーションを高めている、と言えるかもしれません。当然、本人はよいものだと思って疑わず、他の人に迷惑をかけているなど想像すらしていないことでしょう。

 香水や化粧品の強烈な香り…これを「コスメティック・バイオレンス」と言う人もいます。またニオイに関するトラブルを「スメハラ(スメル・ハラスメント)」と称する人もいます。人それぞれの嗜好や感受性によって、本人にとってはよいものであっても、他人にとっては凶器にもなり得るとしたら…それは由々しき問題です。 まして、職場のように、一日中顔を合わせて仕事をする場所での話となると、ちょっとの我慢では済まされません。

 そうしたニオイが、美乃利さんの仕事効率を著しく低下させ、健康にも問題を生じさせているなら、勇気を出して相談すべきです。確かに、こうした話題はある意味センシティブで、言いにくいものです。相手を傷つけてしまうかもしれない、と思うと、余計に憂鬱になってしまうかもしれません。

 この場合、社内にある相談窓口に、職場環境と健康という視点から話をしてみるとよいでしょう。使用者は、労働者に対して、働きやすい職場環境を保つように配慮する義務(職場環境配慮義務)があるとされています。何等かの適切な対策を取ってもらえるように働きかけてみましょう。

文/佐佐木由美子

この連載は、毎週火曜日に公開。下記の記事一覧ページに新しい記事がアップされますので、ぜひ、ブックマークして、お楽しみください!
記事一覧ページは ⇒ こちら

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
佐佐木 由美子
佐佐木由美子(ささき・ゆみこ)
人事労務コンサルタント・社会保険労務士。米国企業日本法人を退職後、社会保険労務士事務所等に勤務。2005年3月、グレース・パートナーズ社労士事務所を開設し、現在に至る。女性の雇用問題に力を注ぎ、働く女性のための情報共有サロン【サロン・ド・グレース】を主宰。著書に「採用と雇用するときの労務管理と社会保険の手続きがまるごとわかる本」をはじめ、新聞・雑誌等メディアで活躍
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 2月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 2月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 1月号

まんが 一生お金に困らない!お金がどんどん増える本

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ