• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女性本能をかき立てる3つのモテ要素

2015年12月21日

男は「清潔感、サイズ、色」が命! 第一印象で女性を惹きつける究極のモテポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 こんにちは。毎週「お見合いおじさんは見た! 」のコラムをお届けしているライターの大宮です。先日、ある会合でスリーピースを着こなしている男性を見かけました。男のベスト姿ってカッコいいですね。オシャレかつ引き締まって見えるからでしょう。僕もさっそく真似をしたら、仕事仲間の女性から誉められましたよ。うれしくて足取りが軽くなっちゃうぜ~。

 先週は、オネット(大宮ネットワーク)の最年長会員である北沢弘一さん(仮名、44歳)のお見合いをリポートしました。僕が感動したのは、北沢さんの服装ですよ。以前はグレーのスーツに地味なネクタイ姿だったのが、この日は紺のスーツを着て、明るい青色のネクタイをつけていたのです。元野球少年で短髪の北沢さんには良く似合い、キリッとした印象を受けました。それでいて、しゃべり方はいつも通りの穏やかさ。僕の中の乙女心は大いにくすぐられました! お見合い相手の女性もうれしかったはずです。

 女性にとっては、お見合いやデートの前に身だしなみやファッションに注力するのは当たり前なのだと思います。でも、僕たち男性はあまり気が回らないものなのです。相手を軽んじているわけではありませんが、何も考えずに古びた洋服を着てしまったりします。

 お見合いおじさんとして客観的かつ情熱的に男性を見つめると、「中身の前に見た目が大事だな。見た目がある程度素敵じゃないと、女性は恋心を持ちようがない」とわかります。男性だってまずは外見から女性に心惹かれるのですから、自分も同じように「できるだけ美しく」なることを心がけるべきですよね。それは相手に対する気遣いやサービス精神にも通じています。

 この連載はオネット会員をはじめとする男性も多く読んでくれているので、女性読者にはちょっと申し訳ないのですが、男性向けのファッションアドバイスを専門家に聞くことにしました。個人向けのスタイリストとして活躍している良岡侑宙(ゆう)さん、よろしくお願いします!

 「何より大事なのが清潔感です。爪が汚れていたり、眼鏡がくもっていたり、洋服がほつれていたり。汗かきなのであればハンカチを持ち歩きましょう。おしぼりや紙ナプキンで顔をふくのはNGです」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
大宮 冬洋
大宮 冬洋(おおみや・とうよう)
フリーライター。1976年埼玉県生まれ。一橋大学法学部卒業後、ファーストリテイリング(ユニクロ)に就職するがわずか1年で退職。編集プロダクションを経て、2002年よりフリー。著書に『30代未婚男』(共著/NHK出版)、『バブルの遺言』(廣済堂出版)、『私たち「ユニクロ154番店」で働いていました』(ぱる出版)など、電子書籍に『僕たちが結婚できない理由』(日経BP社)がある。食生活ブログをほぼ毎日更新中。読者の方々との交流イベント「スナック大宮」を東京と愛知で不定期開催。BPnetでの連載「仕事恋愛の理論と実践」、結婚相談所・楽天オーネットでの連載「お見合いおじさんが来た!」も併せてお楽しみください。
関連キーワードから記事を探す
恋愛・結婚お見合いおじさん

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 7月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 7月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 6月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ