• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

女性のための「医療・健康」の話

インフルのワクチン不足、「今冬は原則1回」の接種に

2017年11月1日

厚労省が都道府県に要請、大量予約の自粛も呼びかけ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 インフルエンザの予防接種の季節がやってきた。今シーズンは、インフルエンザワクチンの製造予定量が昨年度使用量を下回っていることから、ワクチン不足が懸念されている。厚生労働省は9月15日、季節性インフルエンザワクチンの供給についての通知を発出し、例年以上に効率的にワクチンを使用することを要請している。

 通知では、13歳以上の者がワクチン接種を受ける際に、医師が特に必要と認める場合を除き、接種回数を原則1回にすることを求めている。国内で流通しているインフルエンザワクチン製剤の用法用量は全て「13歳以上の者については、0.5mLを皮下に、1回またはおよそ1~4週間の間隔をおいて2回注射する」となっており、13歳以上にワクチン接種を1回で行うことは適応の範囲内であることを強調している。

「13歳以上は原則1回接種に」 (C)PIXTA

 1本に数回分の薬液量がある製品については、取扱い上の注意事項に配慮しつつ、効率的に使用するよう求めた。また、昨シーズンはシーズン終盤でワクチンの返品があったことから、必要以上に多量の予約・注文は行わないよう要請するとともに、今シーズンに返品を行った医療機関などは公表する可能性があると警告した。

 インフルエンザワクチンには、A型2種類(H3N2、H1N1)、B型2種類(ビクトリア系統、山形系統)の計4種類が含まれる。このうちH3N2については、2017年度製造株(その年の秋冬に流行することが予測され、ワクチン製造に用いられる株)がうまく増殖せず、増殖効率が昨シーズンのワクチン株と比較して約3分の1と著しく悪かったため、途中で別の株に変更。株の変更によりワクチンの製造開始が遅れたことで、製造量不足が生じたとみられる。

 7月31日時点における製造見込み量は約2528万本(1mLを1本に換算)で、昨年度の使用量である2642万本を下回っている。ただし、上記のような対策(13歳以上への1回接種など)が十分に講じられれば、昨年度と同等程度の接種者数を確保できる見込みという。

■関連情報(厚生労働省)
関連法令・通知・事務連絡(季節性インフルエンザワクチンの供給について)

文/古川湧(日経メディカル)
この記事は、日経メディカルに掲載された記事を再編集したものです。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識カラダの悩み・病気ワクチン予防接種

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 8月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 8月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ