• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

女性のための「医療・健康」の話

「スマホ老眼」 疲れ目を解消する2種類のストレッチ

2017年3月16日

あなたの目は働き過ぎ? 20代など若年層に増えるスマホ老眼

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 最近、目の疲れを感じていませんか? スマートフォン(以下、スマホ)を使う時間が長くなっていませんか? 目がかすむという症状を感じると「私、老眼なの?」と不安になる人もいるのではないでしょうか。実際、20代、30代でパソコンやスマホの利用による目の疲れの症状を訴える人が多いという実態が明らかになっています。

 (調査期間:2015年11月、調査方法:インターネット、ファンケル調べ ※対象条件及び、回収数は各設問に記載)

「実はリーディンググラスが手放せなくなっています」という若者もちらほら…… ミニチュア写真/清水知恵子

 まず、目の疲れを感じているかどうかの問いには、86.2%が疲れを感じている、と回答。疲れを感じない、と回答したのはわずか13.8%だったことから、大半が目に疲れを感じていることが分かります。

Q.目の疲れの有無は?
「疲れ目を感じている」が37%、「たまに疲れ目を感じる」が49.2%

 この86.2%の「目の疲れを感じている」と回答した人に疲れ目の原因を尋ねたところ、パソコンやスマホによる目の疲れを感じているという回答が1位となり、全体の56.4%という結果になりました。疲れ目の最大の原因はパソコンやスマホの画面を見ていることだと自覚している人が多いことが分かりました。

Q.疲れ目の原因は?
「パソコン、スマホによる疲れ」が56.4%と最多

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識

Topics

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Focus

最新刊のご案内

  • 仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ
    日経ウーマン 6月号

    特集は「心とカラダの不調を解消!疲れない!老けない人の24時間」。ウーマン読者が今一番気になるのは、「体力の衰え」と「疲れが取れないこと」。女性医師500人とカラダのプロたちが、毎日実際にやっていることを紹介。第二特集は「残高見るだけで1000万円貯蓄法」。

  • もっと健康に、もっと美しく
    日経ヘルス 6月号

    忙しい、運動が苦手な人でも続く!5秒~できて簡単なのに効果絶大な「筋トレの新ルール」を大特集。歩くだけ、伸ばすだけ、座るだけ!日常生活で少し意識を変えるだけで、引き締まった体が手に入ります!

  • 働くママ&パパに役立つウェブマガジン
    日経DUAL 5月号

    「日経DUAL」5月号は「もしかして、わたし“毒親”予備軍?」と「使ってみた!知っておくと得 DUAL的最新便利サービス」の2本の大型特集のほかに、【妊娠・復帰】【保育園】【小学低学年】【小学高学年】と、子どもの年齢を4つに分類し、それぞれの年齢で今知りたいノウハウをお届します。「小学生の防犯マニュアル 登下校、習い事の行き帰り」「周囲の気持ちをくみ取る『女の子脳』の子には注意」など注目の記事も満載です。

働く女性 必読の書

おすすめ本日経ウーマンの本日経ヘルス&プルミエの本

もっと見る

キャリア&スキル
就職・転職
働き方
副業
お仕事術
コミュニケーション術
資格・語学
マネー
PC・スマホ
教養・マナー
ウーマン・オブ・ザ・イヤー
ヘルス&ビューティ
ダイエット
カラダの悩み・病気
メンタルヘルス
健康レシピ・食材
メイクアップ
スキンケア
健康知識
ライフ
恋愛・結婚
人間関係の悩み
お買い物・節約術
整理・収納
ファッション
グルメ
エンタメ
旅行・お出かけ
暮らし方

日経BP社の書籍購入や雑誌の定期購読は、便利な日経BP書店で。オンラインで24時間承っています。

PC版 | モバイル版