• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「相手を傷つける謝罪」してませんか?回避のコツ3つ(4/4)

2017年8月7日

「ごめんね」の安売りが相手と自分を傷つける

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「ごめんね」を安易に言いそうになったときの3つのポイント

「ごめんなさい」を「ありがとう」と言い換えると、気分がよくなりますよ (C) PIXTA

 今回の話をまとめると、次の3つになります。今日からあなた自身の「ごめんね」を分析してみると、コミュニケーションが変わっていきますよ。お試しください。

1.「ごめんね」と口に出そうになったとき、どうして自分はそう思うのかを考えるクセを付けると、自分の価値観や思い込みが明確になっていく

2.「ごめんね」を安易に使う「ごめんね」の安売りは、自分や相手の価値を下げてしまう

3.「ごめんね」の呪いに気付いたら、「ごめんね」を「ありがとう」と言い換えてみる

文/池田千恵 写真/PIXTA

プレゼンの仕方で損してない? せっかくの実力を埋もらせないで。
読み逃してほしくないバックナンバーはこちら⇒ 池田千恵の「しなやか発信力」の磨き方

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 5月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 5月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 4月号

なぜか好かれる人の1日5分の新習慣

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ