• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

上司と後輩が入ってきた→自分が低評価に どうする?

2017年5月22日

あなたをよく知らない上司にうまく自己主張するためのポイント2つ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 仕事でもプライベートでも、発信力を高めることができれば、やりたいことができる環境が整う時代。せっかくの実力が発信力の弱さで埋もれぬよう、プレゼンノウハウに詳しい池田千恵さんが指南していく連載です。

上司が変わり低評価に……嘆く前に取り組むべきこととは (C) PIXTA

のびのびと働けた職場が組織変更でユウウツに?

 仕事の悩みは人間関係が大半を占めるといいます。今までストレスなく仕事をしていた人でも、会社の経営方針の変更や異動などで、突然ストレスがかかる環境にはまってしまう場合もありますよね。

 今回はこんなお悩みを紹介します。今まで評価されて、のびのびと仕事をしていたところに突然上司と後輩が異動してきて環境が変わり、コミュニケーションに戸惑っているそうです。

 新しい会社に入社し、目の前の仕事に一生懸命取り組んでいたところ、働きぶりを評価してもらいました。一人で細々とやっていた仕事を表にわかるように上と掛け合ってくれて、試験を受けた結果、予想外の早さで昇格することができたのです。新しいポジションでしばらくはのびのびと仕事をさせてもらっていたのですが、グループの中の一業務に過ぎなかった私のポジションを、全社的プロジェクトとしてきちんと組織化することになり、上司と後輩が異動してきたことから状況が少しずつ変わってきました

 詳しく聞いてみたところ、上司が、彼女(相談者)が出したこれまでの成果についてまだよく知らないため、彼女の手柄を後輩が立てたように思われている場合があるそうです。かつ、上司は今まで一匹狼的に仕事をしてきたそうで、チームメンバーの仕事の分担や仕事ぶりをきめ細かく見るタイプではない模様……。これはやりにくいですね。

 そこで今回は、今までの事情を知らない上司に対し、自分の仕事ぶりを効果的にアピールする方法についてお伝えいたします。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ