• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「仕事ができない」と思われないためのセルフチェック(4/4)

2016年4月1日

頑張っているのに、使えないヤツと烙印を押されるのはもったいない!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

ポイント3
結論が先! プロセスは後まわしでいい

 以前、米国非営利団体キッズスペースファウンデーション代表で、ニューヨーク在住の教育研究家、大庭コテイさち子さんの講演を聴く機会に恵まれました。大庭さんは論理的で説得力がある文章とはどのようなものかを研究しています。彼女の言葉で印象的だったのが「分かりにくい文章はおまんじゅうのような文章構造になっている」というものでした。おまんじゅうのように、一番おいしい「あんこ」の部分を最後まで包み込んで見えなくしているために、話を聞いていても要点が見えにくい、というわけです。

 例えば、何か質問をされたとき、「●●なので××です」と、理由から話して答えを最後に持って行くのが「おまんじゅう話法」です。そうではなくて、「××です。理由は●●です」と、質問をされたら簡潔に答えを先に言ってしまい、その後で理由を言うようにするだけでもわかりやすさは格段に違ってきます。

 ビジネスコミュニケーションにおいての行き違いは、ほとんどが「おまんじゅう話法」が原因のような気がします。「質問に対して答えていない」と言われてしまう人や、今言おうと思ったのに、言う前に話を遮られたという経験がある人は、特に最後に大事な話をとっておく「おまんじゅう話法」をしていないか振り返ってみると良いでしょう。

 相手が自分の期待する通りの反応を示してくれない時は、自分の「伝え方」に問題がなかったかを、上記3つのポイントから振り返ってみましょう。

 「で、要点は何なの?」を聞かれたり、相手が思うような動きをしてくれなかったりという不満から解消され、仕事ができないヤツ、というレッテルを貼られずにすみますよ。ぜひお試しください。

文/池田千恵

この連載は、隔週金曜日に公開。下記の記事一覧ページに新しい記事がアップされますので、ぜひ、ブックマークして、お楽しみください!
記事一覧ページは ⇒ こちら

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 8月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 8月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ