• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「仕事ができない」と思われないためのセルフチェック(3/4)

2016年4月1日

頑張っているのに、使えないヤツと烙印を押されるのはもったいない!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

ポイント2
不満がある時は代案とセットにしよう

 溜飲を下げるためだけに現状の不満をアピールすると、「この人は仕事ができない人だ」というレッテルを貼られて損をするので気をつけましょう。

 私が会社員時代の失敗談です。当時私は部署内のコミュニケーションがうまくいっていないという危機感を持っていました。上司に問題点や解決策を直接伝えるべきところを、上司はどうせ話を聞いてくれないと思い込み、上司を飛び越え、話を聞いてくれそうな上層部に不満として伝えてしまいました。そのときに返って来た答えは、次のようなものでした。

「じゃあ、具体的にどうすれば解決するの?」

「今のあなたの上司以外に、ふさわしい上司はどこにいるの?」

「代わりになる人は、どこでどうやって見つけるの?」

 深く考えずに不満をただ伝えてガス抜きをしてしまった私は、その質問にぐうの音もでませんでした。今振り返ると、上司に現状の不満を伝えるというプロセスを飛び越えてしまったのも間違いですし、不満だけをぶちまけて、改善案を示していなかったのも間違いです。この一件以来、不満と代案は必ずセットで持って行き、前向きな解決案があることを示すよう心がけるようになりました。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
お仕事術

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 8月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 8月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 7月号

まんがで分かる!やせる食べ方

毎日がラクになる片づけルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ