• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

似た価値観の人に相談しても突破口は見つからない

2016年10月18日

ハーバードで壁にぶつかったときに助けてくれる「多様性」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

ハーバードで悩みを相談するとアドバイスが十人十色

 大学院2年目の秋学期も半ばに差しかかり、卒業後どういう仕事をするか、考え始める季節になった。私の場合、アメリカで今学んでいることを、日本でどのように適用すれば有効なのか、悩んでいる。日本にいるときも人には恵まれていたものの、自分の周りには似たような考え方を持つ人が多く、なかなか新たな考え方や問題のとらえ方を見い出せないことが多かった。一生懸命みんなで助け合い、考えるものの、どこか停滞してしまうような状況だ。

 その一方で、漠然とした不安や思いを持ったときに相談できる人の多さにも驚いている。ハーバードでは色々な業界、国の学生や教授がいるからこそ、壁にぶつかったときに、十人十色のアドバイスを受けることができる。行き詰まったときに、どうすればいいのか考え抜くために必要なのは、多様な視点だと痛感している。

 そんな中、ボストンに日本から来ていた女性4人に出会った。

JWLI (日本女性リーダー育成支援事業)プログラムに参加した4人の日本人女性

 彼女たちは、10年目となるJWLI(日本女性リーダー育成支援事業)プログラムの参加者だった。このプログラムは、「日本社会に良い社会変革をもたらす活動を実践する女性リーダーの育成」を目的にしたもので、米国ボストンに4週間滞在し、企業・NPO訪問を行うほか、アメリカ人女性とともにリーダーシップ講座を受けるという内容だ。

違う世界で生きる人たちが悩みを共有すると勇気が生まれる

 参加者の4人は自治体、民間企業、NPOとそれぞれ経歴はバラバラだ。だが、プログラムで印象に残ったことを聞くとみなこう答えた。

 「違った世界で生きる者同士が、悩みを共有することで生まれる勇気」だと。

 大阪市男女共同参画のまち創生協会の岸上真巳さんはこう話す。

 「“職場で子どもの話はあえてしないようにしている”など、他人からどう見られるか、どう振る舞うべきかについて、アメリカであろうが日本であろうが、みんな悩んでいる。国は違えど、同じ時代に生きて、似たような課題を抱えているのだなと感じると共に、学びその課題を乗り越えるための知恵を互いに共有できたらいいなと思った」

 また、外資民間企業で働く沢登理永さんも、日米に同様の課題があることに驚いたという。

 「アメリカでは意見を主張することが社会的に許されているという印象を持っていたものの、女性に関しては日本と変わらないジレンマを抱えていて、これまでの歴史の中で一つずつ努力して地位向上を勝ち取ってきたのだとあらためて気付くことができた。リーダーシップの発揮の仕方については、日米同様に改善余地が多くあり、帰国しても意識的に自分から変わっていきたいと感じた」

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
大倉瑶子
大倉瑶子
テレビ局で報道記者・ディレクターとして4年働く。東日本大震災の取材やフィリピンでの台風被災地のボランティアを通して、災害復旧に興味を持ち、退職を決断。フルブライト奨学生として、ハーバード・ケネディ・スクールで学んでいる。
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術人間関係の悩み働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 6月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 6月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 5月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ