• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

意外! ハーバードでも「意見の言い過ぎ」はNG

2016年10月4日

「人の意見を聞き、相手の立場に立って考える」ことが重要視される

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「意見を言う」よりも大切なことがある

 日本では留学の学びとして、「自己主張の大切さ」「自分の意見を人前ではっきり言う」が挙げられることが多い。

米国大統領選の初のテレビ討論をキャンパスに集まって観る学生たち

 確かに、ハーバード・ケネディ・スクールでも、成績の半分近くがclass participation(授業への参加の度合い)で構成される授業もある。いい成績を得るためのインセンティブになっているうえ、教授 → 学生だけでなく、学生同士、学生 → 教授と、教室にいる人全員が学びに貢献するべきという考え方だ。

 私自身、多種多様のキャリアを持つ世界中の学生がそれぞれの考えや意見を交換する授業で、新たな考え方や発見に出会うことが多かった。例えば、とある医療政策を分析するときに、政治家、公務員、医者、労働組合、医療関連NGOなど、様々なバックグラウンドを持つ学生がいると、彼らの意見を聞くことでその政策への理解を深めることができた。したがって、多くの日本人は「頑張って意見を言えるようになった」ことを留学の成果として持ち帰ることが多い。

 しかし、意外にも教授たちが強調するのは、自分の意見を言うことではない。「人の意見を聞き、相手の立場に立って考える」ことだ。

 交渉、事業評価&モニタリング、ユーザー調査、パブリック・スピーキングなど様々な授業を受けてきたが、一貫してその重要性を叩き込まれた。自分が思っていることを発言するより、異なる意見に耳を傾けて、なぜそう思うのかを考えて、理解する方が大変だからだ。

ここから先は「日経ウーマンオンライン」会員の方(登録は無料)のみ、ご覧いただけます。

  • ログイン
  • 無料会員登録

会員登録をなさっている方は、「ログイン」していただければ、記事をご覧いただけます。
ログインは、上のログインボタンをクリックしてください。
会員登録がお済みでない方は、上の登録ボタンからご登録ください。会員登録は無料です。
※会員登録の詳細は、こちらをご覧ください

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
大倉瑶子
大倉瑶子
テレビ局で報道記者・ディレクターとして4年働く。東日本大震災の取材やフィリピンでの台風被災地のボランティアを通して、災害復旧に興味を持ち、退職を決断。フルブライト奨学生として、ハーバード・ケネディ・スクールで学んでいる。
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術資格・語学働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 1月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 1月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 11月号

時間のムダ&ミスがなくなる 仕事の「ちょいワザ」300

まんがで分かる!仕事が速い女性がやっている時間のルール

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ