• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「人生はもっと自由に選んでいい」商社ウーマンの決意(2/2)

2016年9月13日

転職、休職、退職…海外では実力があればフレキシブルに生きられる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

実力があれば、海外ではフレキシブルに生きていける

 日本では転職者は増えてきているが、いまだに終身雇用が一般的で、みんな同じようにキャリアを積み重ねているため、生き方の多様性や柔軟性を見出しにくいのかもしれない。

 向山さんも「日本は労働市場の流動性が相対的に低いし、会社の人事制度も硬直的な部分が多く、休職や退職に対するハードルは高い」と話す。

 「それ以前に、女性は『仕事をバリバリしていると結婚できないかもしれない』と意識してしまったり、男性もまだ自由な考え方をする女性の受け入れ態勢ができていなかったりするのかもしれない。一方アメリカでは、ジェンダーレスな考え方で、個人の専門性や実績に対してシビアな面もあるが、実力があれば、会社はフレキシブルに対応してくれる」という。

 向山さんはボストンでの1年間で、ハーバードの国際経済や金融政策の授業を受けるほか、エズラ・ヴォ―ゲル名誉教授の助手として日中関係の研究に従事し、友人が起業した電力ベンチャーの事業にも取り組んだ。さらにこの夏は、新たに得た人脈を活用し、衆議院議員の事務所でインターンをするなど、渡米した経験があったからこそのチャレンジを続けている。

 向山さんは、これまでのキャリアの実績があったからこそ、一旦退職をしてもアメリカで様々な機会を利用することができた。これらの経験や世界中の人々との出会いを通して、『1年仕事を離れたら、出世コースから外れるかもしれない』という日本企業ならではの先入観や常識にとらわれない価値観も見出せた。そして、再雇用制度を利用して、9月に元の会社に再就職することを決めた。同じ職場に戻るものの、キャリアや家族設計はそれぞれの夫婦の価値観で相談しながら積み上げていけばいいと、仕事に対する考え方も大きく変わったという。

 「当初、“会社を辞めることは立ち止まることなのでは”と思っていたが、ボストンでの生活では、1年間仕事をしている以上のものを吸収できたと思う。ハーバードやボストンで培った知見・経験・ネットワークは日本に戻っても活用できるものばかり。夫婦2人でいる時間もつくれたし、今後のキャリアの展望も少し引いた環境で見つめる機会にもなった」

夫のハーバード留学に同行した向山さん。ボストンでの生活で「人生はもっと自由に選んでいい」と思えるようになった

海外で見る大胆な人生設計から学ぶことがある

 私自身、世界中から学びにきているハーバードの友人たちと話していると、その自由な生き方にワクワクする一方で、その大胆さに圧倒されてしまう部分もある。

 向山さんのように、日本の企業で働きながら、自分の道を見出していく女性の姿を見ることは、自分のこれからを考えるうえで、一番の励みになると感じた。

文/大倉瑶子

この連載は、月に2回公開しています。下記の記事一覧ページに新しい記事がアップされますので、ぜひ、ブックマークして、お楽しみください!
記事一覧ページは ⇒ こちら
記事公開日は変更になる場合もございます

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
大倉瑶子
大倉瑶子
テレビ局で報道記者・ディレクターとして4年働く。東日本大震災の取材やフィリピンでの台風被災地のボランティアを通して、災害復旧に興味を持ち、退職を決断。フルブライト奨学生として、ハーバード・ケネディ・スクールで学んでいる。
関連キーワードから記事を探す
キャリア&スキル働き方

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 6月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 6月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 5月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ