• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

みんなから好かれる人は、必ず「ほめ上手」 コツは?(2/2)

2018年1月11日

その場にいない人をほめると効果アップ、今日から使えるテクニックを公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

「Iメッセージ」は仕事でも使えるテクニック

 積極的にほめたとしても、世の中には「ほめられ下手」がたくさんいます。「いやいや私なんて……」「そんなことないですよ」という反応は非常に多いので、そんなときには、相手がほめ言葉を受け取りやすくなるよう「Iメッセージ(アイ・メッセージ)」を使ってみましょう。

 「Iメッセージ」とは、「自分が相手からどんなポジティブな影響を受けたのか」を伝える方法です。例えば、「○○さんに会うと元気になる」や「○○さんといると楽しい」など。相手の存在や行動から、自分がどんなにいい刺激を受けたのかを伝えることがポイントです。仕事で使える「Iメッセージ」には下記のようなものがあるので、アレンジしながらぜひ職場で使ってみてください。

【仕事で使えるIメッセージ】

「○○さんの仕事の正確さを私も見習いたい
「休憩中に資格の勉強をしてるんだね。私も勉強しなきゃと思って気合が入った
「作ってくれた資料を見たよ。分かりやすくて助かる
「疲れててもいつも笑顔だよね。見てると私も頑張ろうと思える
「あのプロジェクトうまくいったんだね。私もやる気が出てきた

 そして相手に直接伝えるだけでなく、「その場にいない人」をほめることもオススメです。仮に自分がほめられた側だとしたら、どうでしょう? 第三者から「○○さんがあなたのことをほめてたよ」と聞かされたら、ほめた人の好感度は急上昇しますよね。また間接的に人をほめると、周囲には「相手のポジティブな面を見ることができる人」と印象づけることもできます。ただし、会話をしている相手にとって、ライバル関係にある人や、仲の悪い人のことをほめたら逆効果。伝える相手にだけは注意して、ほめるようにしましょう。

自分よりも優秀な同期や後輩… ほめづらいときは

 では、「ほめたほうがいいと分かっていても、ほめづらい……」という場合には、どうすればいいのでしょうか。同期や後輩などが、自分よりもいい成績を上げたときなどは、素直に「おめでとう」とは言いづらいですよね。

 逆説的な方法ではありますが、こんなときには潔く「おめでとう」と言ってしまったほうがいい。ほめると決めて、まずは行動に移すのです。真面目な方は、「それって嘘をつくってこと?」と思うかもしれませんが、素直にほめたほうがいいと分かっている場合、ほめなければ後悔だけが残ります。ならばいっそのこと、「おめでとう」と先に口に出すことで、気持ちを後から追い付かせるのです。

 不思議なもので、相手が喜んでくれると、「言ってよかったな」という気持ちになります。すると「自分も○○さんのように頑張ろう」と思えてきて、最終的には「おめでとう」と言った言葉が嘘ではなく、本心になってくる。理想とする姿に合わせて先に行動することは、自分の気持ちをポジティブな方向にマネジメントすることでもあるのです。

 もし、「おめでとう」だけを言うのが難しいなら、その中に本音を混ぜるのもいいでしょう。例えば、「成績トップだね、おめでとう。内心あせったけど、自分も頑張ろうと思った」など。少しだけ本音を混ぜつつも、相手の負担にはならないよう「Iメッセージ」を使いながらほめてみましょう。

 最初のうちは、「ほめる」ことも「ほめられる」ことも、難しいと感じるかもしれません。しかし、小学生のときに必死で覚えた九九が、中学生になったら何の苦労もなく使えるようになったのと同じで、意識して練習することで、ある日突然、ほめて・ほめられる関係が当たり前になっているかもしれません。ぜひ今日から、日常に「ほめコミュニケーション」を取り入れてみてください。

*今週の宿題*

身近な人を、「Iメッセージ」を使ってほめてみましょう。
評価するのではなく、まずは「ありがとう」と感謝できることを見つけて伝えるのがオススメです。

「Iメッセージ」を添えて、伝えてみましょう  (C)PIXTA

聞き手・文/青野梢 イラスト/北村みなみ 写真/PIXTA

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

この記事は役に立ちましたか?
働く女性のための「日経ウーマンオンライン」最新記事のお知らせを好きな方法で受け取れます。

  • メールアイコン

    11万2千人

    無料メルマガを購読する

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

Profile
谷益美
谷益美(たに・ますみ)
ビジネスコーチ。Office123代表、香川県生まれ。一般企業の営業職を経て2005年独立。早稲田大学ビジネススクール、岡山大学非常勤講師。専門はビジネスコーチング及びファシリテーション。全国の企業、大学、官公庁などで年間約200本の対話型研修を行う。著書「リーダーのための!コーチングスキル」(すばる舎)、「タイプがわかればうまくいく! コミュニケーションスキル」(総合法令出版・枝川義邦共著)、など。
関連キーワードから記事を探す
コミュニケーション術働き方お仕事術人間関係の悩み

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 6月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 6月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 5月号

毎日がラクになる片づけルール

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ