• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日経グッデイ・最新カラダのはなし

飲み会が続いても太らない方法は? 医師に聞いてみた

2018年1月12日

酒好き医師が教える、カラダにいい飲み方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

 この連載では、健康・医療専門サイト「日経Gooday」編集部の取材から、元気になる最新のカラダの話をお届けします。年末年始はお酒を飲む機会が増えますが、気になるのは「体重」。お酒でどれぐらい太るのでしょうか。また、太らない飲み方はあるのでしょうか。酒ジャーナリストの葉石かおりさんが、医師に聞いてきました。

お酒を飲むとなぜ太る? (C) PIXTA

 こんにちは。酒ジャーナリストの葉石かおりと申します。年末年始はお酒を飲む機会が増えますが、気になるのは「体重」です。

 お酒が好きな人は、「たくさん飲みたい」と思うもの。でも一方で、女性なら誰もが、太りたくないはずです。

 果たして、お酒を飲むと太るのか、太らない飲み方はあるのか? 「酒好き医師が教える最高の飲み方」という本のなかから、ダイエット専門医院「渋谷DSクリニック」の院長、林博之さんに聞いた話を紹介します。

 飲み会が続いて、体重が増えてしまったという経験がある人もいるでしょう。ところが、昨今のダイエット論のなかでは「お酒そのものでは太らない」という説もあります。いったい、どちらが本当なのでしょうか?

お酒と一緒につまみを食べすぎることが太る原因

 「お酒を純アルコールとして換算すると、1g当たり7.1キロカロリーになりますが、このうちのおよそ70%は代謝で消費されることがわかっています。これが『お酒そのものでは太らない』といわれる理由の一つ。ただ、ビール、日本酒、ワインなどの醸造酒には糖質・たんぱく質などが含まれており、そうしたお酒をたくさん飲めば、摂取するカロリーも当然増えていきます。やはり、『適量』を守ることが大切です」(林さん)

 ここでいう「適量」とは、純アルコールで20~40gで、日本酒に換算すると1~2合です。

 しかし適量を守ったとしても、「酒と一緒につまみを食べすぎる」と体重は増えてしまいます。林さんは、これが太る原因になると指摘します。

この記事をSNSにシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Facebookでシェア

Facebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現してい ます。本機能、およびコメントの内容について、日経ウーマンオンラインは一切の責任を負い ません(日経ウーマンオンラインからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

関連キーワードから記事を探す
健康知識ダイエット

Topics

CloseUp

WOL Selection

PAGE TOP

ログインしていません。

  • ログイン
  • 無料会員登録

Pickup

Focus

最新刊のご案内

仕事を楽しむ 暮らしを楽しむ日経ウーマン 5月号

もっと健康に、もっと美しく日経ヘルス 5月号

働くママ&パパに役立つウェブマガジン日経DUAL 4月号

なぜか好かれる人の1日5分の新習慣

読んだら必ず「もっと早く教えてくれよ」と叫ぶお金の増やし方

日経ウーマンオンライン おすすめの本

日経ウーマンオンライン

広告をスキップ