日経ヘルスより、トレンドアイテムをご紹介。今回は取り上げるのは、お酒に弱い人にオススメのこんな化粧水です。

 “悪酔い”する人は、肌がくすみやすい? 富士フイルムは、体内の脂質が酸化して発生する「アクリルアルデヒド」に、真皮のくすみを引き起こす作用があることを発見。それを分解する酵素「ALDH2」は、お酒に弱い人は活性が弱く、作用し続けると活性が低減することから、アクリルアルデヒドの発生を抑制する「フェルラ酸」配合の美白化粧水を発売した。

 マツモトキヨシは、ふき取り化粧水を80年以上研究するナリス化粧品と共同開発した美白の新ブランドを投入。ポーラからも、美白とくすみのケア成分を配合した新ラインが登場する。

左:アスタリフト ホワイト ブライトローション、中:ブランホワイト クリアローション、右:ホワイティシモ 薬用ローション ホワイト

左:「アスタリフト ホワイト ブライトローション」

 美白有効成分アルブチンに、ナノ化したAMA(メラノサイトを休眠化、メラニン産生を抑制する成分)とくすみを抑えるフェルラ酸を複合した成分を配合。130ml、3800円(税別)、医薬部外品。3月1日発売。問/富士フイルム

中:「ブランホワイト クリアローション」

 ナリス化粧品と共同開発した薬用美白拭き取り化粧水。美白有効成分アルブチンやヨクイニンエキスなどを配合し、みずみずしく透明感のある肌に整える。160ml、2700円(税別)、医薬部外品。2月10日発売。問/マツモトキヨシ

右:「ホワイティシモ 薬用ローション ホワイト」

 美白有効成分(ビタミンC誘導体)と角層ケア成分からなる「ファンクションC」を配合。蓄積した古い角層細胞を除去し、くすみ、ごわつきを取る。150ml、4500円(税別)、医薬部外品。4月1日発売。問/ポーラ